「慢性疼痛と診断機器」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU

  • 2020.07.05 Sunday
  • 08:21

慢性疼痛@厚労省ガイドライン とは3カ月間を超えて持続もしくは再発、または急性組織損傷の回復後1カ月を超えて持続する、または治癒に至らない病変に随伴する疼痛です。原因として慢性疾患(例,癌,関節炎,糖尿病)、損傷(例,椎間板ヘルニア,靱帯断裂)、多くの原発性疼痛疾患(例,神経障害性疼痛,線維筋痛症,慢性頭痛)などがあります。基本的に薬剤と心理学的治療が用いられます。

 

 

米国では痛みの治療や介護のためにかかる医療費が年間8兆円に上るといわれています。国際疼痛学会(IASP)では、痛みは呼吸、体温、血圧、心拍数に続く第5のバイタルサインとして位置づけられています。臨床診療において痛みを評価することを重要としています。

日本においても、高齢社会を反映して帯状疱疹後神経痛や、脊椎術後疼痛症候群など難治性慢性疼痛患者が著しく増加しています。病状は似ていても、痛みの性質や程度は患者さんによって多彩です。

 

痛みは主観的な感覚であり、定量化が困難であり、精神的な感情的な影響を受けやすいため、周囲から理解されにくく患者さんは苦しむことが多くあります。国内で慢性疼痛を有している患者さんは2000万人といわれています。痛みは病気の兆候の中で最も多く、昔から医学・医療の原点でもあります。患者さんの80%は痛みを主訴に病院や診療所を受診しています。また、基本となる病気が治癒しても痛みだけが残ることも稀ではありません。

 

慢性疼痛における診断機器として、サーモグラフィ計測器日本サーモロジー学会機能的脳画像診断機器知覚・痛覚定量分析器があります。治療機器としてエピドラスコピー光線療法治療機器Raczカテーテル硬膜外神経根形成術機器電気刺激療法などがあります。

 

患者さんの疼痛程度を測定して誰もが痛みの程度を共有できるために「疼痛度の測定機器」が必要とされます。機器を応用して多方面から痛みを診断・治療することが大切です。

 

fMRI (functional magnetic resonance imaging) はMRIを利用して、ヒトおよび動物の脳や脊髄の活動に関連した血流動態反応を視覚化する方法の一つです。

 

脳局所の神経活動が高まると、近傍の脳血流が増加します。神経活動による酸素消費増加分を上回って血流が増加する結果、局所の酸素飽和度が増加します。酸素飽和度が増加すると還元ヘモグロビンが減少するため磁場の均一さが増します。そのため、磁場の均一さに依存するT2強調MRIを撮像すると神経活動が増加した部位のMRI信号が観察されます。この現象を[blood oxygenation level-dependent]BOLD効果とよびます。BOLD信号増加は神経活動増加が始まってから5〜6秒遅れてピークに達します。

通常、fMRI撮像には、全脳のT2強調画像を2〜3秒ごとに連続撮影します。被験者に痛みを与えるとそれに伴い複数の脳部位でBOLD信号の増加が確認されます。

 

 

末梢神経から脊髄を経由して脳に到達した侵害受容情報は脳の中で処理されて始めて「痛み」として認知されます。痛みの認知に関連して賦活する脳部位をペインマトリックスとよびます。

 

(痛みの機能的脳画像診断より引用)

 

 

1「外側侵害受容系」  外側視床核、第一次第二次感覚野、後島皮質

2「内側侵害受容系」  内側視床核、前島皮質、前帯状皮質、前頭前皮質

 

外側侵害受容系は痛みの場所、強さ、性質などを形成すると考えられています。(ボトムアップ成分)

内側侵害受容系は痛みに対する情動、受容態度、痛み修飾などの機能を担うと考えられています。痛みに対して脳が反応し、脳内及び脳から脊髄への下行路で痛み処理を修飾する経路であり、トップダウン成分といえます。

脳における痛みに対する反応は、ボトムアップとトップダウン成分の交差作用と考えることができます。ボトムアップはトップダウンを促進し、アップダウンはボトムダウンを抑制しようとする方向に働きます。

 

慢性疼痛患者では、内側侵害受容系である前帯状皮質と背外側前頭前皮質が機能しないという特徴が現れます。これらの部位はペインマトリックスのトップダウン成分と考えられ、下行性疼痛修飾系の起始部と考えられます。

健常者ではこれらの部位が陽性賦活呈し、痛みを感じると同時に痛みを抑制しようするシグナルを発生します。慢性疼痛患者では、これらの部位が逆に陰性賦活を呈します。よって下行性疼痛装飾系の機能不全が慢性疼痛の病態に深く関係すると考えられます。

 

ご参考までにどうぞ。

「針刺し・切創、皮膚・粘膜曝露防止における標準予防策」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU

  • 2020.06.28 Sunday
  • 11:01

「針刺し・切創、皮膚・粘膜曝露防止における標準予防策」

 

 

1 使用済みの注射針はリキャップせずにそのまま堅固な医療廃棄物容器に廃棄する。

2 リキャップ不要の安全装置付き注射用器材(安全器材)を導入する。

3 血液や体液など、及びこれらによる汚染物、あるいは損傷している皮膚や粘膜に接触するときは手袋を着用する。手袋をはずした直後は手洗いをする。

4 血液や体液などで衣服が汚染する可能性のある時には、ガウンやプラスチックエプロンを着用する。

5 血液や体液などの飛沫が眼、鼻、口を汚染する可能性がある時には、マスクやゴーグル、フェースシールドを着用する。

6 血液や体液などにより汚染した環境表面は手袋を着用しペーパータオルで拭き取った後に消毒を行う。

7 血液や体液などで汚染されたリネンは、非透過性のプラスチック袋または水溶性ランドリーバッグに入れ、感染性として処理する。

 

曝露直後の洗浄

針刺し・切創、皮膚、粘膜曝露が起きた場合は、直ちに流水と石鹸、粘膜曝露の場合は流水で十分に洗浄する。可能であれば消毒液で消毒しても良いが(効果は確率されていない)、消毒のために洗浄を遅らせてはいけない。消毒にはポピドンヨードや消毒用エタノールが適している。汚染された口腔内の消毒の有効性を示すエビデンスはないが、ポピドンヨード含嗽水(7w/v%イソジンガーグル)を15〜30倍に希釈して含嗽を行なっても良い。

 

 

曝露後の対処

1 血液や体液などに曝露した場合は直ちに上司、及び感染対策のスタッフなどに報告し、エピネット日本版による曝露報告書を院内感染対策委員会に提出する。

2 曝露源(患者など)がHBV HCVまたはHIV感染症の場合、曝露者は原則として曝露直後の採決検査を受ける。

 

 

HBVによる曝露後の対処

HBs抗原陽性血液や体液などに曝露した場合、曝露者のHBs抗原、HBs抗体のいずれもが陰性であれば、発生後24時間(遅くとも48時間)以内に乾燥抗HBsヒト免疫グロブリン(HBIG)投与及びB型肝炎(HB)ワクチン接種を受ける。

 

HCVによる曝露後の対処

現在、HCV曝露後に有効な感染予防薬はない。曝露部位の流水と石鹸による十分な洗浄が大切である。抗ウイルス薬や免疫グロブリンなどの予防投与の有効性は確認されていない。曝露後は追跡検査を受ける。

 

HIVによる曝露後の対処

HIV感染の危険性が高い曝露後、専門医に相談し、可能であれば2時間以内に抗HIV薬服用を決定する。

曝露後速やかにジドブジンを服用することで感染率を81%下げることが可能といわれている。多剤併用療法はさらに有効であると推定されている。HIV曝露後の予防的治療ではテノホビルとエムトリシタビンの合剤(ツルバダ配合錠)1日1回1錠、及びラルテグラビル(アイセントレス錠)1回1錠を1日2回の併用が最も推奨される。

 

EPINet(エピネット)はアメリカバージニア大学のJanine Jagger により開発された血液・体液曝露予防のための情報収集・解析システムです。エピネットは世界各国でサーベイランスシステムとして普及し、針刺し、切創、皮膚、粘膜曝露に関して集積された情報をもとに観戦対策への解析が飛躍的に進んでいる。

 

ご参考までにどうぞ。

 

 

「マスクの歴史と種類」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU

  • 2020.06.21 Sunday
  • 11:32

 

日本のマスクの歴史は明治初期に始まったといわれています。当時のマスクは真鍮(銅と亜鉛からできている)の金網を芯にしており、布地をフィルターとして取り付けたものです。主に粉塵よけに利用されていたそうです。このマスクが1918年のスペイン風邪大流行で予防品として注目を集めるようになったそうです。

 

(一般社団法人北多摩薬剤師会より引用)

 

スペイン風邪は世界保健機関(WHO)によると、約20億人だった世界人口の25〜30%が感染したと推定され、日本でも約38万人が死亡したといわれています。

 

(平成16年版少子化社会白書より引用)

 

昭和の時代にインフルエンザが再流行した1934年にマスクは大流行しました。以降インフルエンザが流行するたびに、マスクの出荷量も爆発的に増加していきました。1950年には日本初のガーゼマスクが布に代わるマスクとして誕生しました。マスクはその形を変えていき、1973年に不織布製プリーツ型の原型が日本での生産・販売されるようになりました。1980年代からの花粉症の流行もそれまでのインフルエンザ用途に加えて一般家庭でのマスクの普及を促進させることとなり、2000年以降も普及が促進されました。

 

 

「医療用マスク」「産業用マスク」「家庭用マスク」の3 種類

 

「家庭用マスク」

風邪、花粉対策や防寒・保湿などの目的で日常に使われるマスクです。

素材や形状、サイズなども豊富でフィルター性能と通気性のバランスがよいため長時間快適に使用できるのも特徴があります。

 

「医療用マスク」

医療現場もしくは医療用に使用される感染防止用マスクです。

外科手術などの際に使用します。サージカルマスクと呼ばれています。

 

「産業用マスク」

工場などで作業時の防塵対策として使用されるマスクです。

工業用マスクや防塵マスクとも呼ばれ、粉塵の量や性質により口や鼻だけを覆うもののほかに顔面すべてを覆うものもあります。

 

 

 

家庭用マスクはマスク性能を大きく左右するフィルター部分の素材により「ガーゼタイプ」と「不織布タイプ」に2種類があります。

ガーゼは「家庭用マスク」として古くから使われている素材で保湿効果の面でも優れています。

「医療用マスク」の素材として一般的だった不織布は、近年の花粉症流行により急激に普及しました。

現在は、家庭用マスク総生産数の9割以上を占めています。

 

 

「ガーゼタイプ」

主に綿織物を重ね合わせたマスクで、最近では中に特殊なフィルタを縫い込んで花粉などの通過を防ぐものも増えています。

 

「不織布タイプ」

複数の原料を組み合わせることで、厚みや空隙を自由に調整できるのが特徴。値段が安く、使い切りを前提にしたものが中心です。

 

 

ご参考までにどうぞ

「空気予防策・飛沫予防策・接触予防策」 東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU

  • 2020.06.14 Sunday
  • 11:19

〜空気予防策〜

空気感染とは微生物を含む直径5μm以下の飛沫核が、長時間空中を浮遊し空気の流れによって広範囲に伝播される感染様式をいいます。空気予防策は空気感染の病原体に感染している患者に適応されます。結核療養施設や結核病棟内での空気予防策については、はっきりした指針はありません。なので一般病棟での対策についてです。

 

 

病室管理

1個室隔離とする。特に結核患者で塗抹陽性の排菌期間中は厳重にする。

2個室隔離ができない場合は、起因微生物の亜型や薬剤耐性などを考慮した上で同一感染症患者を一つの病室に集めて管理する。

3病室は周囲の区域に対して陰圧に設定し、病室のドアは常時閉めておく。

4給気は全外気方式が望ましいが、循環式空調の場合にはダクト回路内にHEPAフィルタを設置する。

 

患者の処置及びケア

1感染性を有する時期の患者は室外に出ることを制限する。

2やむを得ず室外に出る場合はサージカルマスクを着用させる

3食器や残飯、ゴミ、タオル、リネン類やカーテン類の洗濯、部屋の清掃は特別な消毒を行わなくても良い。(日常生活物品や医療器具の接触によって感染が成立するという証拠はない。結核患者の気管支鏡は除く)

4聴診器や血圧計など患者専用にする必要はない。カルテを部屋に持ち込んでも良い。

5患者退出後はその部屋の時間換気回数を考慮し、室内の空気が99%以上置換されるまでの時間をかけて換気する。(消毒薬の噴霧は効果が認められないばかりか人体に有害である。紫外線の照射も影になるところは殺菌効果が及ばないため効果は明らかではない)

 

医療従事者の対応

1医療従事者あるいは家族が部屋に入るときは、タイプN95微粒子用マスクを着用する。

2水痘あるいは麻疹の患者には、これらのウイルスに対して免疫を有する職員が優先して対応する。

 

 

〜飛沫予防策〜

飛沫感染とは、咳、くしゃみ、会話、気管吸引及び気管支鏡検査に伴って発生する飛沫が、経気道的に粘膜に付着し、それに含まれる病原体が感染することをいいます。飛沫直径は5μmより大きいため飛散する範囲は約2メートル以内であり、床面に落下するとともに感染性はなくなります。

 

 

病室管理

1個室隔離とする

2個室隔離ができない場合は、起因微生物の亜型や薬剤耐性などを考慮した上で同一感染症患者を一つの病室に集めて管理する。

3コホーティングも不可能であれば、患者ベッド間隔を2メートル以上保つ、あるいは患者間にパーテーションやカーテンによる仕切りを設ける。

4特殊な空調や換気システムを設けなくても良い

 

患者の処置及びケア

1感染性を有する時期の患者は室外に出ることを制限する。

2やむを得ず室外に出る場合はサージカルマスクを着用させる

3食器や残飯、ゴミ、タオル、リネン類やカーテン類の洗濯、部屋の清掃は特別な消毒を行わなくても良い。

4聴診器や血圧計など患者専用にする必要はない。カルテを部屋に持ち込んでも良い。

5患者退出後の病室は通常の清掃でも良い

 

医療従事者の対応

1医療従事者は患者から2m以内で医療行為を行う際にはサージカルマスクを着用する。

 

 

〜接触予防策〜

接触感染は患者との直接接触、あるいは患者に使用した物品や環境表面などとの間接接触によって成立します。接触予防策はこのような経路で伝播しうる疫学的に重要な病原体に感染あるいは保菌している患者に対して適用されます。

 

 

病室管理

1個室隔離とする

2個室隔離ができない場合は、同一感染症患者を一つの病室に集めて管理する。(国内の病院建築設計や医療従事者の数からして、接触予防策の対象患者を個室隔離とすることは不可能である。コホーティングはやむを得ない処置であるが実際にそれが原因で感染が拡大するという証拠はない)

3コホーティングも不可能であれば、病原体の種類や排菌量、同室者の感染リスク、病院あるいは病棟における感染対策上の重要性などを考慮し病室の配備を行う。

4特殊な空調や換気システムを設けなくても良い

 

患者の処置及びケア

1患者が室外へ出るときは十分な手洗いと排菌部位の被覆に努める

2食器や残飯、ゴミ、タオルやリネン類は通常の処理で良い。病室の清掃やカーテン類の洗濯も通常の方法で良い

3マットレスはあらかじめビニールシーツなどで覆い、清拭できるようにしておくと良い

4聴診器や血圧計などは患者専用とする。カルテを病室に持ち込まない。

5患者の尿や便は特別な処理の必要はない

6患者退出後の病室は通常の清掃に加え、日常的に手が接触する環境表面を清拭消毒する

 

医療従事者の対応

1接触予防策の対象となる病原体の排菌患者のケア後は、アルコールをベースとした手指消毒、または流水と石鹸による手洗いを励行する。ただし、ノロウイルスやクロストリジウム・ディフィシルのようなアルコール抵抗性病原体の場合には流水と石鹸による手洗いを行う。

2排菌の有無にかかわらず、患者や病室環境に触れる場合は手袋を着用する。

3排菌患者に直接接触する場合や病室環境に触れる場合はガウンを着用する。

4スリッパの履き替えや病室入り口の粘着マットは必要ない。

 

 

 

「歯科衛生士感染経路別予防策」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU

  • 2020.06.04 Thursday
  • 17:44

当院の歯科衛生士のクリーニングの診療風景です。

新型コロナウイルスの流行により、歯科衛生士も歯科医師と同じフェーズ3のPPEを着用しています。

当院では歯科衛生士が安心してクリーニングを行うことができます。

 

 

感染経路別予防策は伝染性病原体の感染経路遮断のために「標準予防策」に加えて行う感染予防策です。

「感染経路別予防策」には「空気予防策」「飛沫予防策」「接触予防策」が含まれます。それぞれの病原体の感染経路を知り、その経路を遮断することによって、より効果的な感染対策が実施できます。

 

 

「標準予防策」

感染媒体…血液、体液、分泌物、排泄物、創のある皮膚、粘膜

主な疾患および微生物…感染症の有無に関わらず全ての患者に適応される

手洗い…血液、体液、創のある皮膚、粘膜に接触後。手袋を外した後。普通石鹸使用

手袋…血液、体液、分泌物、排泄物、創のある皮膚、粘膜に接触時。使用後速やかに外し手洗い

創のある皮膚、粘膜接触時。使用後速やかに外し手洗い

マスクゴーグル…血液た体液が飛散し、目、鼻、口を汚染する可能性がある場合

ガウン…血液、体液、分泌物、排泄物で衣服が汚染する可能性がある場合。汚染されたガウンは直ちに脱ぎ手洗いする

器具…汚染した器具は粘膜、衣服、環境などを汚染しないように注意。再使用のものは清潔であることを確認

リネン…汚染されたリネンは粘膜、衣服、他の患者や環境を汚染しないように扱う

患者配置…環境を汚染させる恐れのある患者は個室隔離

 

 

「空気予防策」

感染媒体…5μm以下の飛沫核粒子。空気の流れにより飛散する

主な疾患および微生物…結核、麻疹、水痘、帯状疱疹、天然痘、サル痘、重症急性呼吸器症候群

マスクゴーグル…部屋に入るときにタイプN95微粒子用マスクを着用

患者配置…個室隔離 部屋の条件1)陰圧 2)6回/時以上の換気 3)院外排気(HEPAフィルター)

患者移送…制限する。部屋から出る場合にはサージカルマスクを着用させる

 

 

「飛沫予防策」

感染媒体…5μmを超える飛沫粒子。微生物を含む飛沫が短い距離を飛ぶ(1m以内)。飛沫は床に落ちる。

主な疾患および微生物…インフルエンザ、流行性耳下腺炎、風疹、アデノウイルス、ウイルス性出血熱、喉頭蓋炎、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群、髄膜炎、マイコプラズマ肺炎、伝染性紅斑、百日咳、肺ペスト、ライノウイルス、連鎖球菌疾患

マスクゴーグル…2m以内で働くときマスクを着用

患者配置…個室隔離あるいは集団隔離の場合はベッドを2m離す

患者移送…制限する。部屋から出る場合にはマスクを着用

 

 

「接触予防策」

感染媒体…「直接接触感染」直接接触して伝播。皮膚同士の接触。患者ケア時など。

     「間接接触感染」汚染された器具や環境などを介して。

主な疾患および微生物…腸管出血性大腸菌、MRSA、緑膿菌、アデノウイルス、RSウイルス、クロストリジウム・ディフィシル、ロタウイルス、ウイルス性出血熱、疥癬、幼児小児のA型肝炎、肺外排膿病変結核、幼児小児の呼吸器感染症、サル痘、重症急性呼吸器症候群、種痘性湿疹、水痘、シラミ症頭部、先天性風疹、大きい創部感染、帯状疱疹、多剤耐性菌、新生児単純ヘルペス、天然痘、アデノウイルス、ポリオ、リッター病

手洗い…患者接触時、汚染表面接触時に手洗い

手袋…患者ケア時手袋を着用。汚染物に触った後は交換。部屋を出る前には外し手洗い

ガウン…患者、環境表面、物品と接触する可能性がある場合。部屋に入る前に着用し退出前に脱ぐ。

器具…出来る限り専用とする。専用でない場合は他患者に使用前に消毒

患者配置…個室隔離あるいは集団隔離、あるいは患者の排菌状態や疫学統計に基づき対応を考慮

患者移送…制限する

 

ご参考までにどうぞ。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

【イリタニオフィス】

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療専門 初診受付03-5638-7438 月曜~金曜9:00am~4:30pm (不定休)1日数名限定・完全予約制・全個室。同時並列診療なし。歯周病治療・根管治療・虫歯治療すべて顕微鏡歯科治療、ラバーダム防湿法。

顕微鏡専門歯科衛生士

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM