「東京医科歯科大学歯学部歯科衛生士研修 修了式」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU

  • 2018.10.14 Sunday
  • 15:42
本日は、東京医科歯科大学歯学部歯科衛生士研修の修了式がありました。

大学の研修は、人生で初めてで多くの事を学ぶことができました。この機会を与えて頂いた全ての方に感謝致します。ありがとうございました(^^)

「滅菌法について」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU

  • 2018.10.11 Thursday
  • 22:18

滅菌法とは、すべての微生物を死滅させる処理方法のことです。理論的には微生物を無限に0に近づける方法で、滅菌処理により微生物は10分の1、10分の1と指数関数的に減少していきます。

 

医療現場で求められる滅菌後微生物汚染の基準は10−6(100万分の1)です。微生物汚染が10−6ということは、1,000,000個の同一鉗子を滅菌した際に、そのうち1個が汚染されているという水準であり、ほぼ0に等しいことを意味します。滅菌前汚染微生物が少ないほど、10−6に達する時間は短くなり、一定の滅菌処理時間で滅菌する条件で考えると、滅菌前汚染微生物が少ないほど、滅菌後の無菌性保証水準(SAL)は高いことになります。つまり、滅菌前の洗浄清浄化が重要となることが理解できます。

 

滅菌物に付着している微生物数を10分の1に減少させるのに必要な時間をその滅菌法のD値(decimal reduction time)といいます。D値が短いほど、その滅菌法は短時間で処理が可能な滅菌法であることを示しています。

 

滅菌法に対して、消毒法とは一定の抗菌スペクトルを有した処理法で、目的とする微生物は死滅させるが一消毒法の抗菌スペクトルからは必ずはみ出た微生物が存在し、すべての微生物に有効わけではありません。1つの消毒薬には必ず抵抗性を示す微生物が存在し、場合によってはその消毒薬の中で増殖する場合もあります。

 

医療現場で行う滅菌法には、以下のものがあります。

1 高圧蒸気滅菌

2 酸化エチレンガス

3 過酸化水素低温ガスプラズマ滅菌

4 過酸化水素ガス低温滅菌

5 低温蒸気ホルムアルデヒド滅菌

6 濾過滅菌

7 乾熱滅菌

8 滅菌剤処理(長時間を要する)

 

工業的には一度に多くの対象物を滅菌できる放射線滅菌、電子線滅菌などがより頻繁に採用されています。

 

ご参考までにどうぞ。

「脳科学の基礎6 スライド」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU

  • 2018.10.03 Wednesday
  • 21:20

スクリーンショット 2018-09-27 21.16.52.pngスクリーンショット 2018-09-27 21.17.06.pngスクリーンショット 2018-09-27 21.17.17.pngスクリーンショット 2018-09-27 21.17.30.pngスクリーンショット 2018-09-27 21.17.42.pngスクリーンショット 2018-09-27 21.17.53.pngスクリーンショット 2018-09-27 21.18.01.pngスクリーンショット 2018-09-27 21.18.13.pngスクリーンショット 2018-09-27 21.18.25.pngスクリーンショット 2018-09-27 21.18.35.pngスクリーンショット 2018-09-27 21.18.46.pngスクリーンショット 2018-09-27 21.19.09.png

「マイクロスケーリング® 下顎左側第一大臼歯舌側縁下歯石除去」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU

  • 2018.09.28 Friday
  • 00:01

本日のマイクロスケーリング®です。初回クリーニングの患者さんです。

下顎左側第一大臼歯舌側を見ています。歯肉腫脹、プラーク付着が認められます。

スクリーンショット 2018-09-27 17.31.03.png

プラークを除去します。

スクリーンショット 2018-09-27 17.30.19.png

プラーク除去後、歯茎部辺縁に歯石の付着を認めます。

スクリーンショット 2018-09-27 17.36.53.png

歯肉縁上から縁下まで歯石の付着を認めます。

スクリーンショット 2018-09-27 17.32.14.png

まず歯石の全体像を確認し、歯石を除去する器具を選択します。できるだけ歯肉を傷つけないように歯石にだけスケーラーの刃を当て慎重に慎重に歯石を除去していきます。

スクリーンショット 2018-09-27 17.32.38.png

歯石除去後です。

スクリーンショット 2018-09-27 17.35.20.png

「きらきら眼鏡 映画観賞 」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU

  • 2018.09.27 Thursday
  • 11:41

今日は久々に平日のオフです(^^)
8月から平日のお休みに東京医科歯科大学歯学部歯科衛生士研修に行かせて頂いていたのですが、研修も先週で無事に終了しました。この研修で大学病院の診療を見ることができたり、在宅の診療に同行させて頂いたりと、沢山の事を学ぶことができました。

今回の研修では、医療だけでなく、人と人との繋がりを見ることができました。特に記憶に深く残っているのは、口腔ガンの患者さん。また、在宅で寝たきりになっている患者さんとの関わりです。
普段、診療室で関わることのない患者さんをみて、誰しもいつこうなるかわからないという現実を実感しました。その日がいつくるかわからないのだから、やはり患者さんが元気なうちから、医療従事者として、患者さんのためにできることはやらなければいけないと。それには歯科衛生士としての技術、知識、患者さんを1人の人間としてみる力が不可欠です。

また、人生の最後は人なんだと改めて思いました。自分が患ったとき支えてくれる人がいるのか、それは誰なのか。介護現場は辛く大変な場所だと思い込んでいましたが、支えてくれる人の人柄で介護の現場は大きく変わってきます。支えてくれる人がいつも笑顔で元気なら、介護の現場も明るいんです。そういう献身的な方が最後に自分側にいてくれる、それが一番幸せなことだと思いました。そんな人間力のある人が人生の最後に寄り添っていてくれるように、自分自身の人間力を磨かなければいけないですね。人のために生きているとそれが巡り巡って自分に返ってきます。人を大切に、今日も明日も生きて生きましょう。

そして、今日は朝一で「きらきら眼鏡」という映画を観てきました。原作の舞台が船橋市ということで、撮影現場を知ってる〜、わかる〜!というローカルな楽しみ方もできます。



映画は、恋人の死を乗り越えられない主人公の前に、恋人が末期の肺がんであり余命1年と宣告されている女性が現れます。大切な人を亡くした悲しみとどう向き合っていくのか、ひたむきに生きる姿が描かれています。とても良い映画でした。皆さまもお時間がありましたら、是非ご鑑賞ください(^^)/

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

【Advanced Care Dental Office】

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療専門 初診受付03-5638-7438 月曜~金曜9:00am~4:30pm (不定休)1日数名限定・完全予約制・全個室。同時並列診療なし。歯周病治療・根管治療・虫歯治療すべて顕微鏡歯科治療、ラバーダム防湿法。

顕微鏡専門歯科衛生士

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM