「歯科衛生士になってもうすぐ3年」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU

  • 2019.02.14 Thursday
  • 15:22

今年の4月で歯科衛生士免許を取得して丸3年になります。

3年前、患者さんの口腔内を自分が術者として触ることだけで頭がいっぱいいっぱいでした。「石の上にも三年」と言いますが、今でも処置の度に背中に汗をかいてしまうくらい緊張してますが…。

 

歯科衛生士の役割は、患者さんの口腔内から歯周疾患である炎症を取り除いて、健康な口腔内を維持できるようにすることです。

炎症を取り除いて、健康な口腔内を維持してもらうと言っても、これが本当に難しい。

 

まず、専門家として知識と技術が必要です。プロケアより、セルフケアが重要だという言葉を聞きますが、それは少し違う気がします。年に数回行うプロケアが優れていれば、その後のセルフケアが多少良くなくても、プラークや歯石のつき方が変わってきます。炎症がなく、出血も減少します。

また今はセルフケアが良くなくても、担当している歯科衛生士の患者教育が(教育だからといって無理にやらせるわけではなく、本人が自分の意思でやりたいと思わせるということ)優れていれば、患者さんのセルフケアが必ず上がって来る日がきます。それには、相手に合わせた話し方が必要です。つまり人間力が必要です。

 

また、歯周病はプラークコントロールだけでは予防できません。歯の噛み合わせの負担が強すぎると、歯が揺らされ歯周組織である歯肉がゆるくなりそこにプラークが入りやすくなり、それがいずれ縁下歯石となって歯周病が進む原因になります。また極端に自分の噛み合わせの力で歯が割ってしまうこともあるのです。つまり、歯科衛生は、力のコントロールの不調和を見つける能力がなければ歯を守れません。これも本当に難しい。力は、すべてに再現性があるわけではありません。なので口腔内のいくつかのヒントから、見えない力を読み取らないといけないのです。

 

それらの情報から患者さんが歯を失わないためにどうするべきが、歯科衛生士の範疇を超えることに対しては、歯科医師へ相談し、患者さんと歯科医師との架け橋にならなくてはいけません。

 

こうやって歯科衛生士の役割を書き出してみると、歯科衛生士ってすごい職業じゃないですか?

誰でも簡単にできる仕事じゃないですよね。

自分にはまだまだ至らないことばかり、患者さんと関わることで一つ一つ学ばせていただいています。なので1日も早く、「私は歯科衛生士です」と自信を持って言える日が来るよう、とにかく頑張ります。

 

3年前歯科衛生士免許を取得した頃、私のお師匠であるnaomiさんにこんなことを言われました。

 

「人として成長すること」

「人間の器を広げること」

「人に感謝すること」

 

今ではこの言葉の意味の重要さがとてもよくわかります。歯科衛生士として人間を診る上で必要不可欠なことです。

人間力の磨いて、患者さんから信頼される歯科衛生士になりたいです。

 

人間力を磨くために、ただ仕事だけしてればいいというわけではありません。

家族や周りの人を大切にし、正しく教育し、また世の中と関わりを持ってあらゆる方面から感性を磨く必要がありますね!

 

「女性泌尿器科 尿失禁 膀胱炎 スライド」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU

  • 2019.02.07 Thursday
  • 13:38

スクリーンショット 2019-02-07 13.36.24.pngスクリーンショット 2019-02-07 13.32.53.pngスクリーンショット 2019-02-07 13.33.04.pngスクリーンショット 2019-02-07 13.33.18.pngスクリーンショット 2019-02-07 13.33.31.pngスクリーンショット 2019-02-07 13.33.44.pngスクリーンショット 2019-02-07 13.34.00.pngスクリーンショット 2019-02-07 13.34.10.pngスクリーンショット 2019-02-07 13.34.37.pngスクリーンショット 2019-02-07 13.34.51.pngスクリーンショット 2019-02-07 13.35.03.png

「高圧蒸気滅菌器と飽和蒸気」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士Yu

  • 2019.01.24 Thursday
  • 21:45

国内での高圧蒸気滅菌器の導入率は世界的にみても低く、約70%です。約30%は低温滅菌を使用しています。

しかし滅菌の基本は、第一選択として高温滅菌です。器材が高温に耐えられない場合の第二選択として低温滅菌があります。

 

蒸気滅菌には高温の高圧蒸気滅菌と、低温で滅菌材としてホルムアルデヒドを使った低温蒸気ホルムアルデヒド滅菌があります。

蒸気滅菌は飽和蒸気を使用するので、湿度で熱の伝わり方が早いのが特徴です。フライパンで目玉焼きを作るとき、お水を入れて蓋をするのも飽和蒸気で熱の伝わりを良くするためです。

過熱蒸気は湿度がないので熱の伝わり方が遅いです。サウナに入っても体の内部まで急速に高温にならないのはこのためです。

 

高圧蒸気滅菌器は飽和蒸気の供給が必要であり、菌の殺滅あるいは乾燥にも重要な影響を及ぼす要因となります。高圧蒸気滅菌器においての滅菌剤は飽和蒸気です。高圧蒸気滅菌器は蒸気が滅菌物につくと水になります。この時に熱を伝え、芽胞菌を殺滅します。高圧蒸気滅菌器の中の空気は熱伝達が悪く、断熱効果が高いため、滅菌蒸気導入前には極力排除する必要があります。空気は邪魔者です。また、真空度が高いほど水分の蒸発は促進され感想は良好となります。

滅菌が完了しても、滅菌物に湿りや濡れがあった場合、保管時に再汚染される可能性があるため、供給不可となります。

 

歯科医院で使用されている滅菌器は重力置換型滅菌器といい、空気を排除することなく圧をかけ蒸気を入れるので滅菌が完了した時に滅菌物がビショビショです。これでは滅菌器で滅菌したとはいえ、本末転倒です。滅菌業務を担っている医療従事者は、滅菌器の原理を理解した上で滅菌業務をする必要があります。

 

 

当院ではプレバキューム方式の滅菌器を使用しています。皆様に安心して治療を受けていただけるようスタッフ全員で日々、滅菌に関する勉強をしています。ご参考までにどうぞ ^^

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

【Advanced Care Dental Office】

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療専門 初診受付03-5638-7438 月曜~金曜9:00am~4:30pm (不定休)1日数名限定・完全予約制・全個室。同時並列診療なし。歯周病治療・根管治療・虫歯治療すべて顕微鏡歯科治療、ラバーダム防湿法。

顕微鏡専門歯科衛生士

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM