東京の顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士 YUのブログ

【Advenced Care Dental Office】東京にあります顕微鏡歯科診療専門医院です。東京脳神経咬合咀嚼摂食嚥下口腔リハビリテーション研究会の歯科衛生士 YUです♪全て顕微鏡だけの歯科医院 予約制・個室診療 03-5638-7438
「認知症ケアのコツ」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU
0

    本日は診療終了後に聖路加国際病院で行われるセミナー参加してます。

    がんばりまーす^ ^

    | 顕微鏡歯科専門歯科衛生士 YU | セミナー・学会 | 17:55 | - | - |
    「かかりつけ歯科医が実施する高齢者への食事支援」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU
    0

      今日も朝から雨ですね。 私はこの週末、植田耕一郎先生の「脳卒中患者の口腔ケア」や、溜まっていた書物を読んで勉強しています。先日の植田耕一郎先生の講演会では、とても心に響くお話を拝聴することができました。

      以下にまとめましたので、ご参考までにどうぞ^ ^

      摂食・嚥下リハビリテーション分野の歴史について。1987年「食べる機能の障害」その考え方とリハビリテーション 金子芳洋先生、向井美恵先生、尾本和彦先生 著 日本で初めて摂食・嚥下リハビリテーション分野の本が出版された。摂食・嚥下リハビリテーション分野の研究と臨床の発展のために根本の理念を認識し、木を見て森を見ずにならないよう協力していくことが必要でしょう。(金子芳洋先生)つまり、全体、全身をみるということ。

      医学の分類 第一の医学 治療の医学 第二の医学 予防の医学 第三の医学 障害の医学→リハビリテーション医学

      リハビリテーション医学の理念
      1機能障害(麻痺)→治療的(訓練的)アプローチ
      2活動制限(能力低下)→代償的アプローチ(治らない、第三の医学)
      3参加制約(社会的不利)→環境改善的 アプローチ(障害の軽度、重度が決まる)
      4心理的障害→心理的支援(治らないこともあるからこその医療)

      摂食・嚥下リハビリテーション
      1機能 治療的・訓練的アプローチ、間接訓練・直接訓練
      2能力 代償的アプローチ(経管栄養、姿勢や食物性状の工夫)
      3環境面 環境改善的アプローチ(介護力の導入、社会的資源、物的改善)
      4心理面 心理的支援

      脳卒中で入院した患者さんは、急性期、亜急性期、回復期、維持期を経て最終的に摂食・嚥下障害、摂食機能障害としてのこるのは、飲み込めないではなく、大半は口から食べているが思うように上手く食べれないということ。これが本質である。

      維持期の脳卒中患者のうち誤嚥があるのは7.4%。つまり誤嚥は回復と共にほおっておいても治ることがほとんど。維持期の患者さんが訴えていることは

      1片側のみで噛んでいる

      2口から食事や唾液をこぼす

      3食事を丸呑みしている

      4味噌汁や水によくむせる

      5麻痺側口腔前庭に食物がたまる

      6麻痺側の頬をよく噛んでしまう

      7顔がしびれて食べ物の味がしない

      8口が渇いて噛みづらい、飲み込みづらい

      口の中の専門医は歯科医、歯科衛生士だけである。人のからだに触れるとき、いきなり口に指を入れる職業は歯科だけ。これは歯科の特異性である。ナースはオムツ交換する教育があるが、歯科にはない。逆にナースの教育に口腔内の清掃はない。口を開けてもらってライトを照らす教育があるのは歯科だけ。他の職種にはない。歯科は健康なうちから見ている唯一の職業。歯科だけ歯科にしかできないリハビリがある。歯科は健康医学の見地を持てば最も動機付けできる立場にある。

      介護予防・生活支援サービス事業対象者基本チェックリストのうち口腔機能の向上に関する問診項目が3つある

      1半年前に比べて固いものが食べにくくなりましたか→咀嚼機能評価
      2お茶や汁等でむせることがありますか→嚥下機能評価
      3口の渇きが気になりますか→肺炎リスク評価
      これらにチェックが入ると口の機能が黄色信号になっている

      診療室で実施可能な摂食機能評価
      1オーラルディアドコキネシス
      2反復唾液嚥下テスト
      3舌圧測定
      4咀嚼能力検査(グルコセンサー、グミを用いた唾液の中の糖分を測定)
      などがあります。当院でも摂食機能評価検査を行っています。

      要介護564万人、このうち要介護5は胃ろうや禁食。要介護1〜4は口から食べている。つまり食事介助で悩んでいる。維持期において、摂食嚥下の5期のうち、準備期、口腔期といった口腔相の問題がほとんどである。歯科医療従事者は歯科治療、口腔内衛生の延長戦上に摂食嚥下機能訓練を導入していくべき。歯科にしかできない。

      口腔ケアの究極の目的は「快適性の追求」いかに生きるかの生活。日々苦痛なく、楽しく過ごせるよう支援していくこと。病院は死なせない。経管栄養や何をしてもとにかく死なせない。しかし、ただ生きていればいいわけでない。健康とは「感じること」生きる本質を知り、最後まで楽しい、嬉しい、感じることができる、これこそが健康といえる。

      人の生きる本質を考え、患者さん診れる、そのような歯科衛生士が医療界にもっと必要だと思う。私の師匠のnaomiさんはそんな歯科衛生士だ。人を診れる歯科衛生士に私もなりたいと改めて思う今日この頃です。

      | 顕微鏡歯科専門歯科衛生士 YU | セミナー・学会 | 10:07 | - | - |
      「かかりつけ歯科医が実施する高齢者への食事支援 講習会」
      0
        本日は診療終了後、渋谷区の開催される講習会に参加しております。
        日本大学歯学部摂食機能療法学教授、植田耕一郎先生のご講演です。
        患者さんに貢献できるよう頑張りまーす^ ^
        | 顕微鏡歯科専門歯科衛生士 YU | セミナー・学会 | 18:38 | - | - |
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << April 2017 >>
        + SELECTED ENTRIES
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + 【Advanced Care Dental Office】
        東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療専門 初診受付03-5638-7438 月曜~金曜9:00am~4:30pm (不定休)1日数名限定・完全予約制・全個室。同時並列診療なし。歯周病治療・根管治療・虫歯治療すべて顕微鏡歯科治療、ラバーダム防湿法。
        + 顕微鏡専門歯科衛生士
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE