「第4回東京CSSセミナー」

  • 2019.07.18 Thursday
  • 21:44

本日は3回目の感染制御・滅菌保証研究会です。

ウォッシャーディスインフェクターについてご講義いただきました。

(メディカルオンラインより引用)

 

 

今更ですが、毎回自分の勘違いに気づくことばかり…。また振り出しに戻った気分です。

マイペースに頑張ります。

「EOG滅菌のバリデーション ISO11135 」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU 

  • 2019.07.17 Wednesday
  • 13:31

(村中医療機器より引用)

 

〜滅菌剤の特性〜

EOG滅菌の滅菌剤は酸化エチレン(EO)。

EOは高い微生物殺滅能があり、滅菌剤として有用。低温でもその効果が発揮される、材料への負担が少ないこと、浸透性に優れていることから適用範囲が広い。その反面、毒性、可燃性、爆発性があるので取り扱いや貯蔵には十分に注意を払う必要がある。

ボンベ型(20%EO,80%炭酸ガス)とカートリッジ型(95%EO,5%炭酸ガス)がある。

滅菌剤は使用期間を通して有効性を保持することが求められる。適切な保管条件と保管期間に従って管理する。

EOは特定化学物質に指定されており、SDSにも物理的、化学的、生物学的、取り扱い情報が記載されている。

EOは発癌性を疑われる物質である。滅菌作業時はEOへの曝露を極力避けるため十分なエアレーションを実施した後、滅菌器から滅菌物を取り出す。作業環境や保管環境の換気に十分配慮する。

 

〜validationとは〜

較正を行い記録する

 

IQ

滅菌器に供給されるEO滅菌剤、水、水蒸気、圧縮空気、チャンバー、排気設備、排気ガス処理装置、設置環境、電源装置が正しく動作可能な範囲で供給されているかの確認をする。

 

OQ

実際に滅菌器を運転(空運転)した際、あらかじめ決められた範囲で作動することを確認するために行われる。

1チャンバーリーク試験

2運転パラメータ試験

3チャンバー内温度分布試験

 

PQ

IQ、OQでその性能の適格性が確認された滅菌器に日常で行う包装、および積載条件で滅菌物、または模擬の滅菌物を入れて設定した条件で滅菌が達成されるか確認する。

1物理的PQ

滅菌物の中に温度センサーを入れて熱浸透試験を実施し、チャンバー内の最低温度部位、最高温度部位を特定する。

2微生物学的PQ 

最も滅菌が困難と思われる滅菌物、もしくは同等以上のPCDを用い、その中にBIおよびCIを入れたものを作成する。これをチャンバー内のコールドスポットにおき、滅菌をかける。BIの死滅を確認し、SALの達成を確認する。

 

〜日常のモニタリングと管理〜

validationでSAL10−6以下の達成が保証できる条件として確認した滅菌条件および、その確認の手順を文書化しそれに従って日常的に滅菌が達成できていることを実証し記録する。

物理的インジケータ、化学的インジケータ、生物学的インジケータ全ての合格を確認してから払い出しをする。ガスの濃度測定ができないので、必ずBIを入れて滅菌をかける。濃度が測定できないので、パラメトリックリリースは困難である。

 

〜プロセス有効性の定義〜

滅菌条件の設定方法

EOG滅菌で重要となる項目は、温度、湿度、ガス濃度、時間です。

滅菌物に対して、その品質が確保されている状態で、設定した無菌性保証水準が達成できる適切なパラメータ温度、湿度、EO濃度、時間の組み合わせを確立することです。

 

ご参考までにどうぞ。

 

 

「再生医療を支える歯髄細胞バンクついてご存知ですか」

  • 2019.07.10 Wednesday
  • 13:36

歯の神経には歯髄細胞があり、歯髄細胞の中には良質な幹細胞が含まれています。

幹細胞は分裂して同じ細胞を作る能力と、別の種類の細胞に分化する能力をもっています。加齢と共に急激に減少してしまいます。再生医療のためにはできるだけ若く健康なときの幹細胞を乳歯や親知らずから採取することが大切です。

今までの再生医療のために幹細胞を採取するのは、臍帯血や骨髄からが一般的でしたが、ここ最近の研究で歯髄細胞にも細胞の増殖能力が高いことがわかってきました。

歯髄細胞を培養し、注射や点滴などの細胞治療を行います。

(歯髄細胞バンクより引用)歯髄細胞バンク

歯髄細胞による実用研究例

1神経疾患 アルツハイマー型認知症・脳梗塞・脊髄損傷・脳性麻痺

2歯科疾患 虫歯・歯周病・骨欠損

3心臓疾患 心筋梗塞・心筋症

4臓器疾患 糖尿病・肝疾患・腎疾患

5眼科疾患

6自己免疫疾患

まだ研究段階ではありますが、今後の再生医療に歯髄細胞の活躍が期待できそうです。

ご参考までにどうぞ。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

【Advanced Care Dental Office】

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療専門 初診受付03-5638-7438 月曜~金曜9:00am~4:30pm (不定休)1日数名限定・完全予約制・全個室。同時並列診療なし。歯周病治療・根管治療・虫歯治療すべて顕微鏡歯科治療、ラバーダム防湿法。

顕微鏡専門歯科衛生士

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM