「医療現場の滅菌」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU

  • 2018.11.08 Thursday
  • 18:45

今週末、11月10日(土)は第15回首都圏滅菌管理研究会が開催されます。

今回はシンポジウムにて当院の歯科衛生士 naomiさんのご講演「歯科クリニックでの滅菌保証のあり方」があります。首都圏滅菌管理研究会では、歯科医療従事者の参加人数が年々増えています。 naomiさんのご講演を聞くと、歯科特有の固定観念を取り払った、正しい感染管理について学ぶことができます。他の感染管理の講演では聞くことのできない内容が盛りだくさんですので、ご興味ある方は是非ご参加ください。

 

さて、私は最近医療現場の滅菌について自宅で勉強する日々です。滅菌とは、医療を行う上で必要不可欠ないわゆる基礎の部分です。しかし、医療現場の滅菌のテキストは主に機械の話なので中々イメージが湧かず正直頭に入ってきません…。私の苦手分野です。泣き言を言ってもやるしかないので、頑張ります…。(笑)

 

 

本日は用語の解説です。

1据付時適格性確認(IQ)

滅菌装置が仕様通りに供給、および設置されているという証拠を得ること。その結果を文書化すること。

 

2運転時適格性確認(OQ)

操作手順通りに滅菌工程を作動させた際、あらかじめ決められた範囲で装置が作動するという証拠を得ること。その結果を文書化すること。

 

3稼働性能適格性確認(PQ)

操作手順通りに設置され、作動させた場合に装置が常にあらかじめ定められた基準に従って稼働し仕様書通りの滅菌物を生み出すという証拠を得ること。その結果を文書化すること。

 

4キャリブレーション(軟正

正確さが未知の計量計測系または機器を、正確さ既知の装置と比較して、要求される性能上の限界からの偏りを検出するか、相関を求めるか、調整による軟正をすること。

 

5コンディショニング

滅菌工程において滅菌剤の導入前にあらかじめ定められた温度、相対湿度を達成させる条件。

 

6最低温度部位(コールドスポット)

滅菌工程が一定の滅菌温度幅で制御されている時、同一時間において最も温度が低くなる滅菌チャンバー内の位置。

 

7参照負荷

処理が最も困難な対象の組み合わせを代表する特定の負荷。

 

8積載形態

処理対象物の形状と数、チャンバーとそのチャンバー架台内での配置と向きについて規定された条件の組み合わせ。

 

9平衡時間

参照測定点が滅菌温度に達してから滅菌物の全ての部位が滅菌温度に達するまでの時間。

 

10保持時間

参照測定点と滅菌物全ての点の温度が継続的に所定の滅菌温度幅に保たれている状態。

 

11時間依存型無菌性維持 (TRSM)

滅菌後の無菌性有効期間はその放送形態などの条件に基づいた時間(期間)によって規定されるという考えた方。

 

12事象依存型無菌性維持(ERSM)

滅菌後の無菌性有効期間はあらかじめ定められた期間ではなく、滅菌物を使用するまでの保管、移送環境によって規定されるという考え方。

 

13無菌性保証水準(SAL)

滅菌後の製品に1個の微生物が存在する確率。通常、10−nで表される。

 

14 D値

定められた滅菌工程条件下で試験菌を10分の1に減少させる(試験菌を90%死滅させる)のに要する時間。

 

15 z値

D値を10分の1に低減、(あるいは10倍に増大)させるのに必要な温度の変化。

 

16 F値

特定滅菌処理における微生物致死量。定められたz値を持つ微生物に関して、規定された参照温度での等価な加熱時間。

 

17 F0値

特定滅菌処理における微生物致死量。10Kのz値を持つ微生物について、121℃の温度に等価な加熱時間。

 

18対数減少

滅菌、消毒、洗浄工程において、処理前の微生物数と一定処理後の微生物数との対数値の差。

 

19トレーサビリティー

標準器、または計測器がより高位の測定基準によって次々と校正され、国家標準、国際標準に繋がる経路が確率されていること。

 

20バイオバーデン

滅菌前の製品上に存在する生育可能な微生物の数と種類。

 

 

続きはまた次回です。

「幻肢 Phantom limb」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU

  • 2018.10.17 Wednesday
  • 20:27

 

幻肢とは

四肢が切断された後でも、あたかもそれが存在するかのように感じられる現象。幻影肢、幻像肢ともいう。

実際すでに失われてる部位にかゆみや痛みを感じたり、時にはそれを動かそうとしたり、使ってみようとしたりする。

身体像の不明確な幼児や大脳障害者にはみられないが、一般には数年から数十年に及ぶ場合もある。

四肢の切断に限らず、脳卒中、脊髄損傷、末梢神経損傷などによる運動麻痺や感覚遮断によっても生じる。(余剰幻肢)

乳房や陰茎、眼球などの切除後にも出現する。(幻身体)

発展途上国では幻肢の報告はない。

@幻肢痛脳内メカニズム 日本ペインクリニック学会

 

 

幻肢痛とその種類

1幻肢痛(Pantom limb pain)幻肢に関連する痛みを伴う感覚

2幻肢感覚(Pantom limb sensation)痛みを除く幻肢における任意の感覚。ムズムズ、ビリビリ。

3断端痛(Stump pain)断端に局在する痛み、残存肢痛ともいう。

 

※テレスコープ…断端部から指が生えている感覚

 

 

幻肢痛の疫学

・四肢切断者の少なくとも90%に出現する

・存在しない体の痛みは50〜80%で起こる

・手足を失った患者の80%以上が幻肢痛を発症する

・切断を必要とする患者では幻肢痛の発生率は42.2〜78.8%

 

 

幻肢痛発生のリスクファクター

1女性

2上肢切断

3切断前に疼痛あり

4残肢に痛みが残る

5切断からの時間 2峰性ピーク 切断後1ヶ月以内と1年以内 時間とともに減少

 

 

幻肢痛発生メカニズム

視覚的フィードバックと固有感覚表現の間の矛盾が原因かもしれないという仮説。(1603)

中枢性の因子(1995)…以前は切断された手と腕を代表していたゾーンへの口の表現が大きくなるほど、幻肢の痛みは大きくなっていった。

運動野にTENS(経皮的末梢神経電気刺激)をあて反応をみる実験(自分の唇をメトロノームに合わせて動かす)にて、運動野の手の領域で口が動く、反応する現象がみられた。運動野のマッピングが変化していると考えられる。

 

 

幻肢痛の非薬物療法

1振動刺激 (直接バイブレーションを当てて刺激する、表在感覚へのアプローチ。100Hzが最も有効との報告)

 

2経皮的末梢神経電気刺激 TENS(EMSと違い、刺激感覚が細かいので筋収縮は起こらないので運動が起こらない。ずっとつけていられる。)

断端部、または幻肢痛出現部位と同一神経支配領域に導子を設置する。左足がないのに幻肢痛がある患者の右足にTENSをつけると、左足の幻肢痛がなくなる。つまり末梢神経の問題ではないと考えられる。

 

3Motor Imagery

 

4Mirror therapy(鏡療法)

右手がない患者に対して、左手をミラーに写し、右手があるように植えつける。固有感覚へのアプローチ。

 

5Virtual feedback(VR)

 

初めに患者教育として、初めに幻肢痛の痛みがどういう痛みなのか、痛みの強さ、痛みの頻度、テレスコープの有無を確認する。

 

 

 

Mirror therapyの効果検証(2007)

毎日15分✖8週間のMirror Therapyを行なった。

切断術後の幻肢痛に対してMirror Therapy(MT)が有効である。.大腿極短断端症例に対してMTを行ったところ幻肢痛の改善が得られた。消失過程にはイメージングのしやすさ、幻肢痛の発現メカニズム、病前の疼痛や身体活動が関与する可能性が考えられた。MTはいまだ効果やメカニズムの解明がなされておらず症例により与える影響が変化することから治療対象や介入方法を慎重に検討していく必要があると考えられる。

 

また、幻肢痛がある患者に対する固有感覚(Mirror Therapy)と表在感覚(バイブレーション)の両方を同時にアプローチする検証では、バイブレーションを介入した期間の方が患者の幻肢痛が弱くなっているとの報告もある。

脳卒中で四肢に麻痺が出た患者へのMirror Therapyも推奨されているが、実際に動かない腕や足があるので動くというイメージが起こりにくい。Mirror Therapyは四肢を失って幻肢痛を発症している人の方がイメージしやすく脳を騙しやすい傾向にある。

 

その手足が存在せず、物理的に何も起こっていなくても痛みを感じることがある。それを幻肢痛という。それに対しその人のボディイメージにアプローチすることで症状が緩和され治癒することもある。人の体は摩訶不思議である。

 

ご参考までにどうぞ。

 

 

「滅菌法について」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU

  • 2018.10.11 Thursday
  • 22:18

滅菌法とは、すべての微生物を死滅させる処理方法のことです。理論的には微生物を無限に0に近づける方法で、滅菌処理により微生物は10分の1、10分の1と指数関数的に減少していきます。

 

医療現場で求められる滅菌後微生物汚染の基準は10−6(100万分の1)です。微生物汚染が10−6ということは、1,000,000個の同一鉗子を滅菌した際に、そのうち1個が汚染されているという水準であり、ほぼ0に等しいことを意味します。滅菌前汚染微生物が少ないほど、10−6に達する時間は短くなり、一定の滅菌処理時間で滅菌する条件で考えると、滅菌前汚染微生物が少ないほど、滅菌後の無菌性保証水準(SAL)は高いことになります。つまり、滅菌前の洗浄清浄化が重要となることが理解できます。

 

滅菌物に付着している微生物数を10分の1に減少させるのに必要な時間をその滅菌法のD値(decimal reduction time)といいます。D値が短いほど、その滅菌法は短時間で処理が可能な滅菌法であることを示しています。

 

滅菌法に対して、消毒法とは一定の抗菌スペクトルを有した処理法で、目的とする微生物は死滅させるが一消毒法の抗菌スペクトルからは必ずはみ出た微生物が存在し、すべての微生物に有効わけではありません。1つの消毒薬には必ず抵抗性を示す微生物が存在し、場合によってはその消毒薬の中で増殖する場合もあります。

 

医療現場で行う滅菌法には、以下のものがあります。

1 高圧蒸気滅菌

2 酸化エチレンガス

3 過酸化水素低温ガスプラズマ滅菌

4 過酸化水素ガス低温滅菌

5 低温蒸気ホルムアルデヒド滅菌

6 濾過滅菌

7 乾熱滅菌

8 滅菌剤処理(長時間を要する)

 

工業的には一度に多くの対象物を滅菌できる放射線滅菌、電子線滅菌などがより頻繁に採用されています。

 

ご参考までにどうぞ。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

【Advanced Care Dental Office】

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療専門 初診受付03-5638-7438 月曜~金曜9:00am~4:30pm (不定休)1日数名限定・完全予約制・全個室。同時並列診療なし。歯周病治療・根管治療・虫歯治療すべて顕微鏡歯科治療、ラバーダム防湿法。

顕微鏡専門歯科衛生士

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM