「プレバキューム式高圧蒸気滅菌器 管腔器材」」東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科アシスタントYU

  • 2013.12.14 Saturday
  • 07:07
高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)には、真空ポンプのついていない「重力置換式」と真空ポンプのついた「プレバキューム式」があります。

歯科で使われるハンドピースや、カテーテルなどは管腔器材(ホロー)いいます。管腔器材の内側には空気が存在します。


滅菌のためには蒸気がチューブや管腔器材の内部も含めた器材の全表面に到達しなければなりません。しかし、こうした器材を滅菌する際、高圧蒸気がチューブの内側から侵入し、中の空気はチューブ内に閉じ込められてしまいます。チューブの径が全長よりも小さい、つまり細長い器材であれば、空気溜まりの問題が発生します。


歯を削るドリル(タービン): 複雑な管腔構造のある内部
プレバキューム式高圧蒸気滅菌



重力置換式の滅菌器は未だ日本では多くの歯科医院で使われているものです。重力置換式の滅菌器には真空ポンプがついていないので、ハンドピースなど径の細長い器材は滅菌が不可能もいうことになります。世界的には重力置換型フラッシュ滅菌は緊急用に限られていて、日常の滅菌には用いてはいけないとされています。

真空ポンプがついている滅菌器をプレバキューム式といいます。プレバキューム式では、滅菌器からほぼ完全に空気を抜きます。そのあと蒸気バルブが開かれ蒸気が供給されます。内部は真空状態にあるので蒸気は器材内に接触、浸透しやすくなり管腔器材の内側にも達し、滅菌が可能となります。


ハンドピースは、口腔内で直接使う器具です。滅菌が不完全により細菌が残ったままだと、感染の原因になる可能性があります。

オフィスでは、患者さんに口腔内で使用しする器具は全て「Lisa ClassBオートクレーブ」プレバキューム式高圧蒸気滅菌器で、滅菌したものを使用しています。また、滅菌できないものは全て使い捨てとなっています。そしてプレバキューム滅菌器が正常に稼働しているかどうかを毎朝テスト運転(ボウィー・ディックテスト、ヘリックステスト)を行い安全な器具・器材を提供しています。



イリタニオフィス

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

【Advanced Care Dental Office】

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療専門 初診受付03-5638-7438 月曜~金曜9:00am~4:30pm (不定休)1日数名限定・完全予約制・全個室。同時並列診療なし。歯周病治療・根管治療・虫歯治療すべて顕微鏡歯科治療、ラバーダム防湿法。

顕微鏡専門歯科衛生士

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM