「皮膚は内臓の鏡」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU

  • 2017.03.07 Tuesday
  • 19:25

内蔵疾患を見出すために注意すべき身体の部位

1 爪

2 足

3 口腔内

4 毛

5 手

 

「スプーンネイル(さじ状爪)」爪の中央がスプーン状に窪んだ状態

スクリーンショット 2017-03-07 18.54.43.png

疑われる疾患

1血液疾患(鉄欠乏性貧血)

2内分泌•代謝異常(甲状腺機能亢進•低下、ビタミン欠乏症 VB2 ,VC)

 

「ヒポクラテス爪」紀元前5世紀にヒポクラテスが肺疾患との関連を記載した事に由来する、爪の末端が肥大するとばち指という

疑われる疾患

1肺疾患(慢性気管支炎、肺線維症、肺がん、結核)

2心臓疾患(心不全、弁膜症)

3肝疾患(肝硬変、肝炎)

4内分泌疾患(甲状腺、副甲状腺機能亢進症)

 

「爪甲剥離症」爪が爪床から離れる状態、角化異常。水仕事をする人でよく手を拭かない人もなるが、これはカンジダによるもの

スクリーンショット 2017-03-07 18.56.07.png

疑われる疾患

1内分泌•代謝疾患(甲状腺機能異常、糖尿病)

2血液•循環障害(鉄欠乏性貧血、糖尿病)

3肺疾患(黄色爪症候群)

4膠原病(全身性強皮症、全身性エリテマトーデス)

 

「黄色爪症候群」爪が全体的に黄色調を呈する。黄色爪、リンパ浮腫、呼吸器病変を3徴候とする症候群

リンパ浮腫は約80%に出現、下肢、顔面に好発。

呼吸器病変は約60%にみられ、慢性気管支炎、気管支拡張、慢性副鼻腔炎が多い。

 

「爪の甘皮延長•点状出血」

スクリーンショット 2017-03-07 18.58.31.png

全身性強皮症(皮膚硬化、肺線維症、逆流性食道炎)

 

2足

「しもやけ」 静脈性の循環障害。代表的な冬疾患、。子供だけでなく現在では中年以降の女性に好発。

疑われる疾患

1膠原病(特に全身性エリテマトーデス、シェーグレン症候群)

 

「足が紫色、冷感、しびれて痛い」リベド(紫の網目状のもの)

疑われる疾患

「コレステリン塞栓症」 (動脈硬化のある人が血管造影検査を受けたときに生じる、大動脈の血管壁にある動脈硬化部位から、コレステロール結晶が飛散して足の血管に塞栓を起こすこと。腎障害、好酸球の増加がみられる)

 

口腔内

「熱いものを食べると口の中がヒリヒリしていたい、白い膜が張っている」

疑われる疾患

1カンジダ症(真菌症)口腔内、陰部などに繰り返す症例では糖尿病が発見されることが多い。

 

「口腔乾燥症を来す疾患」

疑われる疾患

1唾液腺の異常(放射線障害、慢性耳下腺炎)

2内分泌•代謝異常(バセドウ病、糖尿病、肝硬変)

3血液疾患(鉄欠乏性貧血、悪性貧血)

4膠原病(シェーグレン症候群、強皮症)

5薬剤性(副交感神経抑制に作用するもの)

 

4脱毛

「びまん性脱毛」

疑われる疾患

1内分泌異常(甲状腺機能異常)

2血液疾患(鉄欠乏性貧血)

3肝疾患(肝硬変、特に腋窩と陰部のびまん性脱毛)

4腎疾患(腎不全、透析)

5膠原病(エリテマトーデス、シェーグレン症候群)

6微量元素(亜鉛欠乏症)

 

5手

「全身性多汗症」

疑われる疾患

1代謝性(甲状腺機能亢進症、糖尿病、低血糖、下垂体機能亢進、カルチノイド症候群、痛風、肥満)

2薬剤性

 

「局所性多汗症」

疑われる疾患

1精神的発汗(手、足、脇の下、前頭部など)

2パーキンソン病など

 

逆ゴットロン徴候(手指に魚の目様発疹がでてきた、関節屈側に認めるゴットロン徴候 )

スクリーンショット 2017-03-07 19.08.06.png

疑われる疾患 肺炎

 

メカニクスハンド(指の側縁に魚の目様発疹がでてきた)

スクリーンショット 2017-03-07 19.09.04.png

疑われる疾患 腎臓疾患

 

 

 

内臓疾患に伴う皮膚症状

1内臓癌を表す皮膚症状

「老人性いぼ」

短期間(数ヶ月以内)に老人性いぼが多発したらレーザートレーラ徴候を疑って、胃がんなどの腺癌に注意する

 

「悪性黒色表皮腫」

手やワキがガサガサして治らない、黒っぽく、ワキ股にもできる

 

「後天性魚鱗癬」

50代を過ぎ皮膚がウロコのようにガサガサしてきたら後天性魚鱗癬を疑って悪性腫瘍などの検査を行う

 

2肝疾患を表す皮膚症状

「紙幣状皮膚」ダラースキン

上腕の外側に発疹、血管が拡張している症状

原因として、肝疾患によりエストロゲンの不活化、エストロゲン濃度が上昇、これにより血管が拡張すると考えられている。

 

「手掌紅斑」

肝臓障害を伴う、肝硬変、肝がんなど

 

3腎疾患を表す皮膚症状

「皮膚そうよう症」皮疹はないが、頑固な全身のかゆみがある状態。透析治療をしている患者に多い。

「ARPC後天性反応性穿孔性膠原病」透析患者に多い。膠原線維が皮膚の外に排出される状態。

 

〜かゆみには2種類ある〜

・末梢性のかゆみ、皮膚で感じる(アトピー性皮膚炎、蕁麻疹など)

・中枢性のかゆみ、脳ではオピオイドに似た物質が生産されている

 

4糖尿病を表す皮膚症状

「脛骨前色素斑」
すねの前面にしみが多発する

「環状肉芽種」

「糖尿病性浮腫性硬化症」

 

「水虫からの二次感染」
足の指の間の水虫は、蜂窩織炎、壊死性筋膜炎などの二次感染に注意。

 

ご参考までにどうぞ ^ ^

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

【Advanced Care Dental Office】

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療専門 初診受付03-5638-7438 月曜~金曜9:00am~4:30pm (不定休)1日数名限定・完全予約制・全個室。同時並列診療なし。歯周病治療・根管治療・虫歯治療すべて顕微鏡歯科治療、ラバーダム防湿法。

顕微鏡専門歯科衛生士

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM