「膠原病とは」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU

  • 2017.05.15 Monday
  • 21:08

膠原病とは様々な多臓器障害と免疫異常を特徴とします。発熱などの全身症状に加え、皮膚、関節、腎、漿水、肺、神経組織、心、筋などが同時にまたは時期を異にして障害され複雑、多彩な臨床像を呈します。 膠原病には関節リウマチ(RA)、全身性エリテマトー デス(SLE)、全身性硬化症( PSSまたはSSc )、多発性・皮膚筋炎(PM-DM)、結節性動脈周囲炎(PN)およびリウマチ熱(RF)の6疾患が含まれる。 類縁疾患としてはシェーグレン症候群、ベーチェット病、大動脈炎症候群、サルコイドー シス、種々の血管炎、種々皮膚病変を主とする疾患など多数の疾患が含まれる。 

スクリーンショット 2017-05-15 21.06.54.png

(日本臨床検査医学会より引用)

 

膠原病の概念

1942年米国の病理学者Paul Klempererが提唱した病理組織学的概念です。

スクリーンショット 2017-05-15 20.14.50.png

1病理学的側面 膠原線維(=結合組織)に異常がある疾患のこと

2病因論的側面 自己抗体の出現を認め自己免疫の関与が推測される

3臨床的側面 関節痛、筋肉痛などを伴いリウマチ性疾患の要素あり 

 

結合組織とは

ヒトのあらゆる器官は、上皮組織、支持組織(結合組織)、筋組織、神経組織の4種の組織によって構成されています。結合組織は全身のあらゆる部位に分布しています。

 

結合組織に主な役割(細胞間質の主な線維…膠原線維•コラーゲン)

組織と組織の間をつなぐ、埋める

血管やリンパ管や神経の通り道

微生物などの侵入に対する生体防御の場

 

膠原病の症状

1 発熱 全身性の炎症疾患であり、膠原病に特徴的

2 全身の非特異的な症状 全身倦怠感、易疲労感、体重減少など

3 皮膚症状 蝶形紅斑、輪状紅斑、紫斑など

4 関節症状 多発関節炎を伴うことが多い

5 レイノー現象 全身性エリテマトーデス、強皮症、混合性結合組織病(MCTD)で出やすい

(寒冷刺激にさらされると最初は手指が白い蝋(ろう)のような蒼白色に変わりしびれ感を伴います。刺激が終わって10〜15分くらいで赤色または紫色(チアノーゼ様)に色が変化して正常にもどることが多い)

6 筋力低下 しゃがみ立ちができないなど

 

膠原病の治療薬

1副腎皮質ステロイド

2免疫抑制剤

3非ステロイド性抗炎症薬

血漿交換療法(旭化成メディカル)

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

【Advanced Care Dental Office】

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療専門 初診受付03-5638-7438 月曜~金曜9:00am~4:30pm (不定休)1日数名限定・完全予約制・全個室。同時並列診療なし。歯周病治療・根管治療・虫歯治療すべて顕微鏡歯科治療、ラバーダム防湿法。

顕微鏡専門歯科衛生士

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM