「無痛分娩 硬膜外鎮痛法」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU

  • 2018.02.04 Sunday
  • 00:40

IMG_2409.jpg

どうしてお産は痛いのか。

IMG_2375 5.JPG

子宮が収縮したり、子宮出口や膣が引き伸ばされたりすると、その刺激は神経を介して背骨の脊髄に伝わります。脊髄に伝わった痛みは脳へと送られ「脳で痛い」と感じます。痛みを感じるとストレスホルモンが放出され、血管系では交感神経が刺激されます。肺では酸素が増加し、呼吸数が増加します。胃腸は機能が停滞します。

IMG_2374 5.JPG

分娩は第?期〜第?期に分けられます。

初産の妊婦さんの場合は第?期10〜12時間、第?期2〜3時間ほどかかるといわれています。第?期の始めの方は中くらいの痛み、第?期の終わりになるとかなり強い痛みを感じます。第?期は10〜20分ほどで痛みは第?期、第?期に比べて強くないとされています。

1853年、イギリスのヴィクトリア女王がクロロホルムを使用して無痛分娩に成功しました。これをきっかけにイギリスで正式に無痛分娩が認められました。

IMG_2376 5.JPG

硬膜外鎮痛法は背中から刺し、硬膜外針が硬膜外腔に入った後、針の中を通じて硬膜外腔にカテーテル、細い管を入れます。管が入ったら針を抜き、薬の注入が開始されます。お腹の周りに腹巻をしているような感覚になります。脊髄くも膜下腔まで針が到達すればさらに麻酔を効かせることができます。どのタイミングで麻酔を始めるかは、アメリカのガイドラインで妊婦さんのリクエストに応えるのが一番いいとされています。

分娩時の麻酔がなぜ難しいのか。それは、母体と胎児の二つの命を預かるからです。母体は妊娠に伴い常に変化しますし、血液にのって胎児へ、母と子の心拍数が違うなど理由は多々あります。産科ではチーム医療が不可欠です。

現在、無痛分娩はアメリカでは80〜90%に対し、日本ではまだ5%以下の普及率です。

ご参考までにどうぞ ^^

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

【Advanced Care Dental Office】

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療専門 初診受付03-5638-7438 月曜~金曜9:00am~4:30pm (不定休)1日数名限定・完全予約制・全個室。同時並列診療なし。歯周病治療・根管治療・虫歯治療すべて顕微鏡歯科治療、ラバーダム防湿法。

顕微鏡専門歯科衛生士

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM