「脳画像の種類と特徴1」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU

  • 2018.05.20 Sunday
  • 12:32

達成目標「麻痺のあるCaseがどちらか判断できるようにする

 

 

 

見に行かないと見えない

スクリーンショット 2018-05-20 11.40.59.png

 

対象者の観察+脳の情報で対象者を深く理解する。

顕在事象(観察で気づくこと)

潜在事象(脳から気づくこと)

 

 

 

どこに目を向けるか

 

 

1)損傷部位の読影(欠損機能の推定)

2)非損傷部位の読影(残存機能の推定)

対象者は損傷していないところで生きていることを理解する。対象者の生活を支えているのは非損傷部位である。

 

20160814_1477849.jpg

 

診断治療生活支援 の流れの中で、医者は診断の目的でMRIを読影する。リハビリを目的と知る場合、診断だけでなく治療や生活支援の視点でMRIを読影しなけれならない。

 

 

脳画像の種類と特徴

 

IMG_3689.jpg

水素原子プロトンを描写している。

プロトンが多くあると黒く写る。

矢印の方向に信号が伸びている。

高信号は白く写る。

低信号は黒く写る。

CSF(脳脊髄液)の色でT1かT2は判断する。

 

 

 

T1強調画像

 

IMG_3690.jpg

プロトンが多い組織ほど「黒」

・水   低信号

・頭蓋骨 低信号(骨皮質) 高信号(骨髄)

・筋肉  等信号 

・脳実質 等信号(皮質)  高信号(白質)

・脳出血 高信号→低信号へ

・脳梗塞 低信号

 

 

 

T2強調画像

 

IMG_3691.jpg

プロトンが多い組織ほど「白」

・水   高信号

・頭蓋骨 低信号(骨皮質) 高信号(骨髄)

・筋肉  等信号

・脳実質 等信号(皮質)  低信号(白質)

・脳出血 低信号

・脳梗塞 高信号

 

 

FLAIR画像

水の信号をなくし、その他の組織のT2の違いを際立たせた画像「黒」(水→無信号)

・水   無信号

・頭蓋骨 低信号(骨皮質) 高信号(骨髄)

・筋肉  等信号

・脳実質 等信号(皮質)  低信号(白質)

・脳出血 低信号

・脳梗塞 高信号

 

 

臨床で撮影されるMRI画像の断面

 

IMG_3692.jpg

水平断面            矢状断面           前額断面

 

 

 

MRI撮影時のランドマーク

ランドマークを撮影することで撮影のズレ具合がわかる。撮影のズレは部位の判断に影響する

ランドマークは AC-PC line (前交連AC 後交連 PC)

IMG_3693.jpg

 

次回は皮質脊髄路の経路からです ^^

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

【Advanced Care Dental Office】

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療専門 初診受付03-5638-7438 月曜~金曜9:00am~4:30pm (不定休)1日数名限定・完全予約制・全個室。同時並列診療なし。歯周病治療・根管治療・虫歯治療すべて顕微鏡歯科治療、ラバーダム防湿法。

顕微鏡専門歯科衛生士

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM