「全身管理の基礎 バイタルサイン」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU

  • 2018.07.11 Wednesday
  • 20:19

バイタルサインとは、生命徴候ともよばれ、一般的には体温、脈拍、血圧、呼吸にことを指します。

これに加えて、意識、尿量、SpO2をバイタルサインに加えることもあります。

 

〜バイタルサインの基準値 成人〜

血圧 収縮期<130  拡張期<85 (mmHg)

呼吸数 12〜20(回/分)

脈拍数 60〜90(回/分) ※脈拍の基準値は年齢によって変化します。

体温 36.0〜37.0(℃)

 

〜血圧とは〜

血圧とは心臓から送り出された血液が血管壁に及ぼす圧力のことです。単に血圧というときには動脈内の圧力のことを指します。通常バイタルサインとして測定されるのは、上腕動脈の血圧です。血圧測定には聴診法と触診法があります。

 

 

〜血圧測定聴診法〜

1 必要物品を準備して動作を確認

2 患者さんに血圧測定を行う目的、方法を説明し、承諾を得る

3 体位を整える(可能であれば5〜10分安静にする)

4 腕を露出してもらう(上腕動脈の位置を走行を触診で確認する)

5 マンシェットを巻く(ゴム嚢中央を上腕動脈に当てて、マンシェットの下縁が肘窩の2〜3cm程度になるように。マンシェットは指が2本入るくらいの強さで、巻く)

6 腕の高さを調整する(心臓の高さと合わせる)

7 聴診器を当てる(聴診器のチェストピースを上腕動脈の拍動が得られる部位に当てる)

8 加圧する(平常時の収縮期血圧より20mmHgほど高い値まで加圧する)

9 徐々に空気を抜きながら減圧してコロトコフ音を聴取する(コロトコフ音が聞こえた目盛りを収縮期血圧、コロトコフ音が消えた目盛りを拡張期血圧として読み取る)

10 計測が終了したら空気を抜いてマンシェットを外す

11 患者さんに測定が終了したことを伝え、測定結果を説明する

 

当院では診療の前に必ず血圧、脈拍を測定しています。

ご参考までにどうぞ ^^

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

【Advanced Care Dental Office】

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療専門 初診受付03-5638-7438 月曜~金曜9:00am~4:30pm (不定休)1日数名限定・完全予約制・全個室。同時並列診療なし。歯周病治療・根管治療・虫歯治療すべて顕微鏡歯科治療、ラバーダム防湿法。

顕微鏡専門歯科衛生士

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM