「脳科学の基礎4 半側空間無視と音源定位」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU

  • 2018.08.15 Wednesday
  • 12:48

半側空間無視の定義

「大脳半球損傷の対側に提示された刺激を報告したり、刺激したり、与えられた刺激を定位することの障害」

半側空間無視の責任病巣

・下頭頂小葉(縁上回、角回)

・中大脳動脈領域

・前頭葉背外側部

・上縦束(脳葉を超えるファイバー)

 

聴空間認知障害の代表的病態

1聴覚無視は自然な聴覚状況で一側への関心が薄い状態

2聴覚アレステジアは刺激音が実際の音源と反対側に聞こえる状態

3聴覚消去現象は2つの刺激音を聴空間の対称的位置で与えると、一方の音刺激が抑制された片方からのみ音が聞こえる状態

4音源定位障害は音源の位置を定位する能力の障害された状態

 

日常生活での音源定位の意味づけは確定していないが、呼ばれた時に音の方向を振り返る時や、危険を回避する時に音源定位の障害は患者に何らかの問題を引き起こすことが予想されます。

半側空間無視があり聴力障害がない状態で、情報が大脳に届いているか、音源定位ができているか、音源の移動についての認識が困難な場合、半側空間無視による聴空間認知障害、音源定位障害を疑います。責任病巣は上側頭回の最後部。

 

聴覚情報の経路

耳から入った情報は大脳皮質のBA41からBA22へ送られます。

その後2つの経路に分かれます。

背側(where系)頭頂葉→音源の位置(方向、距離の認識) 動きの有無、遠近感

腹側(what系)側頭葉→音の意味

 

ご参考までにどうぞ

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

【Advanced Care Dental Office】

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療専門 初診受付03-5638-7438 月曜~金曜9:00am~4:30pm (不定休)1日数名限定・完全予約制・全個室。同時並列診療なし。歯周病治療・根管治療・虫歯治療すべて顕微鏡歯科治療、ラバーダム防湿法。

顕微鏡専門歯科衛生士

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM