「脳科学の基礎5」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU

  • 2018.09.05 Wednesday
  • 22:35

「Pusher phenomenon /syndrome」(押す人症候群)

座位や立位などの基本的な姿勢・動作する時、非麻痺側上下肢を用いて麻痺側へ押してしまい、さらに姿背の正中位修正に対する他者の介助に抵抗する現象

( Oxford University Pressより引用)

 

Pusherの影響

姿勢保持が困難になる程Pusherは顕著になる。残存機能の代償が困難。

Pusherを呈した症例は日常生活動作の自立の困難さが高くなる。脳梗塞の急性期での発症率は15%前後。

 

Pusherの重症度

 

〜Pusherの病巣〜

1視床後外側部

2中心後回

3島皮質

 

視床後外側部

視床の後ろ側に損傷があるとPusherがある 

BA39,40 頭頂葉 垂直の感覚

BA5,7 頭頂葉 感覚野

 

〜視床の4つの血管〜

視床灰白隆起動脈

下外側隆起動脈

視床穿通動脈

後脈絡叢動脈→ここから出血した場合、Pusherが出てくる

 

視床損傷がない場合、中心後回、島皮質に病巣が集中する。上側頭回、下頭頂小葉も関与している。被殻出血でPusherが起こる。

 

〜Pusherを長期化させる部位〜

損傷が被殻の後方へ伸びていくのは改善傾向。損傷部位が広い、また前頭葉に残っている場合はPusherがなくならない。運動前野、上縦束が損傷するとPusherが残る。

 

〜Pusherの病巣〜

BA39,40 (半側空間無視との合併症もあり)
上縦束2 BA6,39,40

 



BA39,40→BA45→半側空間無視はでるがPusherは長期化することはない。血管と広がりで半側空間無視だけか、Pusherがでるか分かれる。血腫の広がりで判断していくことが必要。

 

ご参考までにどうぞ。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

【Advanced Care Dental Office】

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療専門 初診受付03-5638-7438 月曜~金曜9:00am~4:30pm (不定休)1日数名限定・完全予約制・全個室。同時並列診療なし。歯周病治療・根管治療・虫歯治療すべて顕微鏡歯科治療、ラバーダム防湿法。

顕微鏡専門歯科衛生士

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM