「滅菌法について」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU

  • 2018.10.11 Thursday
  • 22:18

滅菌法とは、すべての微生物を死滅させる処理方法のことです。理論的には微生物を無限に0に近づける方法で、滅菌処理により微生物は10分の1、10分の1と指数関数的に減少していきます。

 

医療現場で求められる滅菌後微生物汚染の基準は10−6(100万分の1)です。微生物汚染が10−6ということは、1,000,000個の同一鉗子を滅菌した際に、そのうち1個が汚染されているという水準であり、ほぼ0に等しいことを意味します。滅菌前汚染微生物が少ないほど、10−6に達する時間は短くなり、一定の滅菌処理時間で滅菌する条件で考えると、滅菌前汚染微生物が少ないほど、滅菌後の無菌性保証水準(SAL)は高いことになります。つまり、滅菌前の洗浄清浄化が重要となることが理解できます。

 

滅菌物に付着している微生物数を10分の1に減少させるのに必要な時間をその滅菌法のD値(decimal reduction time)といいます。D値が短いほど、その滅菌法は短時間で処理が可能な滅菌法であることを示しています。

 

滅菌法に対して、消毒法とは一定の抗菌スペクトルを有した処理法で、目的とする微生物は死滅させるが一消毒法の抗菌スペクトルからは必ずはみ出た微生物が存在し、すべての微生物に有効わけではありません。1つの消毒薬には必ず抵抗性を示す微生物が存在し、場合によってはその消毒薬の中で増殖する場合もあります。

 

医療現場で行う滅菌法には、以下のものがあります。

1 高圧蒸気滅菌

2 酸化エチレンガス

3 過酸化水素低温ガスプラズマ滅菌

4 過酸化水素ガス低温滅菌

5 低温蒸気ホルムアルデヒド滅菌

6 濾過滅菌

7 乾熱滅菌

8 滅菌剤処理(長時間を要する)

 

工業的には一度に多くの対象物を滅菌できる放射線滅菌、電子線滅菌などがより頻繁に採用されています。

 

ご参考までにどうぞ。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

【Advanced Care Dental Office】

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療専門 初診受付03-5638-7438 月曜~金曜9:00am~4:30pm (不定休)1日数名限定・完全予約制・全個室。同時並列診療なし。歯周病治療・根管治療・虫歯治療すべて顕微鏡歯科治療、ラバーダム防湿法。

顕微鏡専門歯科衛生士

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM