「歯周治療について」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU

  • 2019.02.24 Sunday
  • 22:12

歯周治療の究極のゴールは「患者さんにとっても、医療従事者にとっても良好と思える状態を長期的に維持できるような理想的な口腔の健康状態を得ること」です。

患者さんに合わせて個別化された長期的にわたる治療後のサポーティブケアが患者さんにとって有用なことは明らかで、歯周治療を長期にわたり成功に導く上で必要不可欠な要素です。

 

健康な歯周組織の特徴は「発赤、腫脹、排膿、プロービング時の出血がないこと」です。

 

初診→歯周組織検査→診断→治療計画の立案→歯周基本治療→再評価が「歯周病の基本治療」となります。

 

包括的な歯周検査後、診断し予後を想定して上で、常に患者さんに合わせた具体的で理論的な治療計画を立案する必要があります。

 

非外科的歯周治療は、主に病原性の歯肉縁下バイオフィルムの除去、バイオフィルム形成やそれに引き続く破壊的な炎症を促す要因の排除に焦点を当てます。入念な診断の後、口腔の健康、つまり生体内の物質や組織のバランスを崩している要因をすべて排除することが術者の主な目標となります。主な臨床目標は生物学的因子を尊重しつつ、歯周組織の炎症を惹起する因子を取り除くことです。

さらに個人の全身的な健康増進を図りながら、口腔の健康と臨床的な安定性を獲得する必要があります。それには、患者さんの要望や心理的、経済的な要因を考慮しつつ、患者さんのすべての要素を評価し常にそれぞれの患者さんや口腔内の部位ごとのニーズにあったカスタムメイドな治療方法を決定する必要があります。

 

歯周組織の炎症の分類

1患者特異性

2歯種特異性

3部位特異性

 

したがって、それぞれの部位を個別に詳細に評価しなければなりません。器具、技術、方法は患者さんごとに、また歯周治療のゴールによって異なるものです。適切な治療、理にかなったプラーク、バイオフィルムのコントロール、継続的なケアを行うことで大部分の患者さんは生涯にわたり自身の歯を維持することができるといわれています。

 

歯周病は歯と歯肉の間の細菌に対して宿主反応が生じた病的な状態です。歯周治療は主に病原毒素の機械的な除去と細かいプラークコントロールが基本となります。患者さんが健康な状態を生涯維持するため、容易にメインテナンスができるような口腔内を作っておく必要となります。

 

満足のいく長期的に安定した結果を得るためには、初めの段階から医療者と患者の間に「治療目標に向かってともに協力しながら歩んでいく協力関係」を築くことが必要不可欠です。

 

ご参考までにどうぞ ^^

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

【Advanced Care Dental Office】

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療専門 初診受付03-5638-7438 月曜~金曜9:00am~4:30pm (不定休)1日数名限定・完全予約制・全個室。同時並列診療なし。歯周病治療・根管治療・虫歯治療すべて顕微鏡歯科治療、ラバーダム防湿法。

顕微鏡専門歯科衛生士

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM