「ボウィーディックテストの国際規格」 東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU 

  • 2019.05.12 Sunday
  • 17:05

ボウィー・ディックテストとは、真空高圧蒸気滅菌器のチャンバー 内の真空脱気性能(チャンバー内の空気の排除ができているか)を確認するテストです。毎日滅菌運転前に実施、また滅菌器の故障後等の使用の際は連続で3回テスト運転を実施することが推奨されています。

 

(日油技研より引用)

 

ボウィー・ディックテストはISO11140-1において化学的インジケータのタイプ2に分類されます。

インジケータの変色条件は134℃・3,5minです。

 

現在、ボウィーディックテストには3つの国際規格があります。

 

ISO11140-3(以前の欧州規格に準じた規格、テストパックの密度が高い)

ボウィー・ディックテストの原法は折りたたんだ吸湿性の外科用再使用タオルから構成されます。

テストパックの総重量は約7kg

 

ISO11140-4(以前の欧州規格に準じた規格、テストパックの密度が高い)

テストパックの総重量は約7kg

 

ISO11140-5(以前の米国規格の準じた規格、テストパックの密度は欧州規格の半分程度)

テストパックの総重量は約4kg

 

テストパックを置く場所は、空の滅菌器の最も滅菌条件の悪い場所に水平に置きます。滅菌器の下方、扉近くが一般的です。

試験運転の前に滅菌器の暖機運転を行います。ボウィー・ディックテストのプログラムが備わっている滅菌器もあります。

一般的に推奨される処理時間は134℃3,5minですが、処理時間は4分間とすることも可能です。しかし、4分間を超えてはなりません。もし、処理時間が4分間より長い場合は試験は無効となります。暖機運転が行われないで試験をすると不合格となることがあるので、暖機運転は必ず行います。

 

テストシートの中央部分が周囲の色と同じになれが試験合格です。

滅菌器の機能不全のために工程中に残留空気(エアポケット)が存在していると、テストシートの中央部分が周囲の色と異なり試験不合格となります。

26e1bc66.jpg

 

ご参考までにどうぞ。

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

【Advanced Care Dental Office】

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療専門 初診受付03-5638-7438 月曜~金曜9:00am~4:30pm (不定休)1日数名限定・完全予約制・全個室。同時並列診療なし。歯周病治療・根管治療・虫歯治療すべて顕微鏡歯科治療、ラバーダム防湿法。

顕微鏡専門歯科衛生士

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM