「心臓 冠状動脈」 東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU 

  • 2019.05.19 Sunday
  • 11:21

心臓は心膜に包まれ、左右の肺の間の下部にある、大きさは人の握りこぶし大で、成人では200〜300gの重さである。

 

(ナースフルより引用)

 

心臓は心室中隔と心房中隔により右心房、左心房、右心室、左心室に分けられています。

右心房には上大静脈と下大静脈が開口し全身の静脈血が流れ込んできます。左心房には肺静脈が開口し、肺からの静脈血が流れ込みます。右心室から肺動脈が出て、肺に静脈血を送ります。左心室から大動脈が出ます。また、体循環に血液を送り出すため右心室に比べ、壁は厚く、外形も大きです。

 

心臓が1回の収縮で大動脈内へ送る血液の量を1回拍出量といい、成人では役70mlです。1分間に拍出する量は、それに心拍数をかけて、70ml×70回/分として4900ml、約5Lとなります。

 

心臓の壁は厚いので、内腔空の血液供給だけでは栄養の供給ができません。なので、心臓自身に栄養を供給する血管が分布しています。この栄養血管と呼ばれる動脈と静脈を冠状動脈、冠状静脈と言います。

 


 

左右の冠状動脈は上行大動脈の基部から出て、心臓を取り巻くように分布します。心臓に栄養を供給した血液は、毛細血管→心臓静脈→冠状静脈洞の経路をとり、右心房に回収されます。

 

(トヨタ記念病院より引用)

 

冠状動脈が狭窄して心筋の虚血が生じたものを狭心症、閉塞してその血管の栄養領域の心筋が壊死したものを心筋梗塞@ガイドラインといいます。

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

【Advanced Care Dental Office】

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療専門 初診受付03-5638-7438 月曜~金曜9:00am~4:30pm (不定休)1日数名限定・完全予約制・全個室。同時並列診療なし。歯周病治療・根管治療・虫歯治療すべて顕微鏡歯科治療、ラバーダム防湿法。

顕微鏡専門歯科衛生士

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM