「熱水消毒 WD ISO15883」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU 

  • 2019.06.19 Wednesday
  • 18:08

熱水消毒は比較的容易におこなえる信頼性の高い消毒法です。

熱水消毒においては、温度消毒時間が重要です。

 

2006年4月、WDに関する国際規格(ISO15883)の主要部分が承認されました。この国際規格は熱水消毒を評価するために従来の温度と消毒時間を用いる方法とともに、Ao値(Aノート)という概念を導入しています。

 

Ao値(Aノート)とは、高圧蒸気滅菌法の指標に用いるF 値を応用したものです。

F値特定の温度、特定の滅菌剤で滅菌した際に、滅菌(無菌性保証水準)するのにかかる時間のことです。

様々な熱水消毒の条件を対数的死滅則を用いて80℃の熱水消毒に換算します。そして換算したときの等価消毒時間であると定義されています。Ao値(Aノート)の単位はで、F値の単位はです。

Ao値(Aノート)を用いるとさまざまな熱水消毒の条件のを一つのパラメータで定義できます。その結果、各国で使用される熱水消毒の条件を比較検討、対象とする医療機器ごとに必要とする熱水消毒のレベルを提示するために役立ちます。

 

Ao値(Aノート)の実例として、血液で汚染された手術器械では、国際規格(ISO15883)により

手術器械にAo値600を適応すること、手術機械に用いるWDにAo値3000以上を達成できることを求めています。ちなみに国内では90〜93℃、5〜10分、(Ao値3000〜12000)が広く使用されています。

 

WDの選定

洗浄物の取り扱いに示した内容に考慮し、施設の運用にあったWD本体および専用ラックを含む付属品を選定します。

熱水消毒能力としてAo値3000以上を達成できる

 

高温洗浄工程の代表的な設定条件(アルカリ性洗剤を使用する場合にて適用)

1冷水すすぎ

手術器械に付着した血液や皮膚消毒薬などの初期汚染を低減し、続く洗浄工程の条件を整えるために不可欠。ただし、血液を凝固させないために冷水で運転しなければなりません。(一般的に40℃で3分程度)

 

2洗浄+熱水消毒

使用する洗浄剤の至適注入温度まで温度を上昇させ、あらかじめ定めた濃度に相当する量の洗浄剤を注入します。至適注入温度を下回って注入された場合、発泡により適切な噴射圧力が損なわれることがあります。アルカリ環境下の特に高温域で促進される加水分解作用を利用して洗浄するとともに90〜93℃まで連続加熱して5〜10分の熱水消毒を加えます。

 

3中間すすぎ

洗浄工程で除去された血液や洗浄剤を排出するために不可欠で、標準的な反応時間は約1分です。一般的な設定はこれを2回繰り返しますが、使用する洗浄剤の特性に応じて時間および回数は最適な条件を設定する必要があります。

 

4最終すすぎ

標準的な設定温度は70〜75℃で防錆潤滑剤を使用する場合は工程の終了直前に注入します。

高温まで加熱する理由は、洗浄物に余熱を与え、続く乾燥工程における効率を高めるためです。最終すすぎで地下水や水道水を使用すると、水中に含まれる各種イオン成分によって白い輪シミが発生したり、金属表面に干渉皮膜を生じさせたりするため、最終すすぎ水は脱イオン水の使用が望ましい。

 

5乾燥

標準的な設定温度は100〜110℃です。チャンバー内の実際の温度は70〜80℃程度で不均一に推移します。良好な乾燥は包装、滅菌工程を安定させる要因であるため、あらかじめ積載する洗浄物の配置方法を考慮する必要があります。

 

ご参考までにどうぞ。

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

【Advanced Care Dental Office】

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療専門 初診受付03-5638-7438 月曜~金曜9:00am~4:30pm (不定休)1日数名限定・完全予約制・全個室。同時並列診療なし。歯周病治療・根管治療・虫歯治療すべて顕微鏡歯科治療、ラバーダム防湿法。

顕微鏡専門歯科衛生士

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM