「再生医療を支える歯髄細胞バンクついてご存知ですか」

  • 2019.07.10 Wednesday
  • 13:36

歯の神経には歯髄細胞があり、歯髄細胞の中には良質な幹細胞が含まれています。

幹細胞は分裂して同じ細胞を作る能力と、別の種類の細胞に分化する能力をもっています。加齢と共に急激に減少してしまいます。再生医療のためにはできるだけ若く健康なときの幹細胞を乳歯や親知らずから採取することが大切です。

今までの再生医療のために幹細胞を採取するのは、臍帯血や骨髄からが一般的でしたが、ここ最近の研究で歯髄細胞にも細胞の増殖能力が高いことがわかってきました。

歯髄細胞を培養し、注射や点滴などの細胞治療を行います。

(歯髄細胞バンクより引用)歯髄細胞バンク

歯髄細胞による実用研究例

1神経疾患 アルツハイマー型認知症・脳梗塞・脊髄損傷・脳性麻痺

2歯科疾患 虫歯・歯周病・骨欠損

3心臓疾患 心筋梗塞・心筋症

4臓器疾患 糖尿病・肝疾患・腎疾患

5眼科疾患

6自己免疫疾患

まだ研究段階ではありますが、今後の再生医療に歯髄細胞の活躍が期待できそうです。

ご参考までにどうぞ。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

【Advanced Care Dental Office】

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療専門 初診受付03-5638-7438 月曜~金曜9:00am~4:30pm (不定休)1日数名限定・完全予約制・全個室。同時並列診療なし。歯周病治療・根管治療・虫歯治療すべて顕微鏡歯科治療、ラバーダム防湿法。

顕微鏡専門歯科衛生士

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM