「経腸栄養・静脈栄養の基礎知識」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU 

  • 2019.09.13 Friday
  • 21:28

〜栄養療法〜(栄養投与ルート)

経腸栄養(EN entral nutrition)

経口栄養(ONS ) 

経管栄養

 

経静脈栄養

末梢静脈栄養

中心静脈栄養

 

静脈経腸栄養ガイドライン

〜栄養療法の大原則〜

「腸が働いているなら、腸を使おう!」

経口摂取できるなら経口で。経口摂取ができない時も腸が機能しているなら経腸で。

経腸栄養の適応は腸が機能している場合、全てが適応となる。

 

〜術前管理で腸管を使用することにどのような意味があるのか。腸を使った栄養管理の重要性〜

経静脈栄養の長所

・急性期に使用可能

・投与量が正確

・消化管安静時に使用可能

 

経静脈栄養の短所

・挿入に伴う合併症

・カテーテル敗血症

・糖代謝異常

・肝機能障害

 

経腸栄養の長所

・コストが安価である

・感染症の減少

 

経腸栄養の短所

・閉塞

・鼻翼部潰瘍

・腹部膨満

・下痢

・腸管安静時には使用不可能

 

〜経腸栄養法の特徴と利点(静脈栄養と比較して)〜

1腸管粘膜の維持

2免疫の維持

3代謝反応の亢進の抑制(侵襲からの早期復活)

4胆汁うっ滞の回避

5消化管の生理機能の維持

6カテーテル敗血症

7長期的管理が容易

8安価

中心静脈栄養より経腸栄養の方が肺炎、腹腔内膿瘍、カテ関連敗血症などの合併症発生頻度が低い

 

〜腸管免疫の維持〜

腸管免疫では、経静脈栄養製剤は栄養投与ルートによらず、腸管免疫を低下させる。

リンパ球数の減少、免疫グロブリンの産生低下。

半消化態栄養材による栄養投与は通常の食事摂取と同程度に腸管免疫を維持する。

 

経口摂取が欠如するとヒトでも腸管免疫が低下する。

リンパ球数の減少、免疫グロブリンの産生細胞の低下により、創感染、肺炎、腸炎、カテーテル感染症が増加する。

経口による栄養投与が腸管免疫の維持に必要である。

 

経口摂取または経腸栄養による栄養療法が腸管免疫を低下させない。つまり術後の予後が良いと考えられる。

では、経口摂取ができない原因はどこにあるのか。食べる機能はあるのに意欲が低下しているのか。認知機能が低下していることにより食べられないのか、もしくは飲み込めないのか。口腔粘膜が痛くて食べられないのか。もしくは食べると歯が痛むのか。経口摂取できない要因の1つは歯科的疾患かもしれません。

 

人生100年時代、先日の厚労省の調査では100歳以上の高齢者がなんと7万人を突破しました。老人福祉法が制定された昭和38年から調査が始まり当時の100歳以上の高齢者の数は153人だったそうです。つまり56年で100歳以上まで生きる高齢者の数が約465倍になりました。その中の約9割が女性です。

ピンピンコロリであの世にいける高齢者の割合はわずか1割です。つまりほとんどの人は高齢になって必ず入院したり、寝たきりの生活を送ることになります。その時にご飯が食べれないことは本当に辛いことです。生きがいがなくなってしまったと言っても過言ではありません。健康なうちから、病気になって入院した時に、口からご飯が食べれる準備をしておくことが大切です。

 

ご参考までにどうぞ ^^

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

【Advanced Care Dental Office】

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療専門 初診受付03-5638-7438 月曜~金曜9:00am~4:30pm (不定休)1日数名限定・完全予約制・全個室。同時並列診療なし。歯周病治療・根管治療・虫歯治療すべて顕微鏡歯科治療、ラバーダム防湿法。

顕微鏡専門歯科衛生士

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM