「子供のメディア中毒」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU 

  • 2019.10.15 Tuesday
  • 21:56

近年のインターネットの普及により子育てにも変化が出ています。

3歳の子供の約半分がインターネットを使用しているとの調査結果があります。

ipadを装着できる画期的な「おまる」もあります。効果があるのかは不明です。

テレビやビデオて・DVDで見ていた映像を、今はインターネットで動画で見るようになったり、テレビに接続してやっていたゲームはインターネットでのオンラインゲームに変化しています。いつの時代も子供がゲームに熱中するという行動は変わりません。私が小学生の頃はスーファミ全盛期で夜通しでゲームに熱中している同級生もいました。しかし、今のインターネット媒体は高度で便利なだけ飽きることなく長期間依存する要素が多々あるように感じます。

 

青少年インターネット環境整備法について

 

平成30年の調査で3歳で5割の子供が一日約1時間使っているとのことです。アメリカでは3歳まではできるだけインターネットを使わないようにという勧告を出しているそうです。

 

「スマホに子守りをさせないで」日本小児科医会

親子関係や、子供の認知機能に影響が出る可能性を示唆しています。

 

「スマホの時間 わたしは何を失うか」日本小児科医会

思春期になると生活リズムの乱れ、体力、学力、視力、コミュ力の低下の原因となります。

青少年では高校生のスマホ使用率は90%、1日3時間強

中学生のスマホ使用率は50%です。PCの使用は減少しています。

 

WHOはゲーム障害を疾患として認定しました。 WHO Gaming disorder 

オンラインゲームは中毒性が高く、ゲームの世界が全てになってしまうそうです。

これからの子育ての課題として、インターネットに支配されるのではなく、上手に利用できる教育をしていく必要があります。

ご参考までにどうぞ^^

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

【Advanced Care Dental Office】

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療専門 初診受付03-5638-7438 月曜~金曜9:00am~4:30pm (不定休)1日数名限定・完全予約制・全個室。同時並列診療なし。歯周病治療・根管治療・虫歯治療すべて顕微鏡歯科治療、ラバーダム防湿法。

顕微鏡専門歯科衛生士

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM