「医療従事者のワクチン接種 麻疹・風疹・水痘・流行性耳下腺炎」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU 

  • 2020.03.15 Sunday
  • 13:03

 

「医療従事者のためのワクチンガイドライン」

医療関係者が麻疹、風疹、流行性耳下腺炎、水痘を発症すると本人の重症化の可能性に加えて周りの患者や医療関係者への感染源となることから迅速な対応が求められます。麻疹と水痘の感染経路は空気感染・飛沫感染・ 接触感染です。風疹と流行性耳下腺炎の感染経路は飛沫感染・接触感染であることからワクチン接種の対象は医療関係者だけでなく、非医療職を含めて医療機関で実習、ボランティア活動、勤務を行う全員とします。救急隊員、処方箋薬局に勤務するものも含まれます。

 

麻疹と水痘はウイルスに曝露後 72 時間以内に緊急ワクチン接種をすることで、発症を予防できる可能性があるます。風疹と流行性耳下腺炎については緊急ワクチン接種の有効性に関するエビ デンスはありません。しかし曝露した感受性者にワクチン接種が行われることにより、今回の曝露で感受性者が発症しなかった場合でも永続的な免疫を付与されることになるとの考えからアメリカではワクチン接種が勧められています。

 

いずれのワクチンも1 回接種で90 %以上の免疫獲得が期待されます。数%の1次性ワクチン不全があることや、ワクチン接種後の年数経過と共に免疫が減衰し発症する2次性ワクチン不全があることから、2006年度より麻疹と風疹について、1 歳児と小学校入学前 1 年間の幼児に対して予防接種法に基づく 2 回接種が導入されました。また2007〜2008年に10〜20代を中心とした麻疹の全国流行があったことから 2008年度から5 年間の時限措置として、中1と高3相当年齢の者に対して予防接種法に基づいて2回目の定期接種の機会が導入された。以上の対策により1990年4月 日以降に生まれた者については麻疹と風疹の2回の接種機会があったことになります。

 

 

 麻疹・風疹・水痘・流行性耳下腺炎ワクチン接種のフローチャート

(医療関係者のためのワクチンガイドライン第2版より引用)

 

1歳以上で「2回」の予防接種の記録を勤務、実習前の医療機関に提出することが原則です。予防接種の記録が1歳以上で「1回」のみの者は、1回目の接種から少なくとも4週間以上あけて2回目の予防接種を受け、「2回」の記録を勤務、実習前に医療機関に提出することを原則とします。既罹患で予防接種を受けていない者は、勤務、実習前に抗体陽性の検査結果を提出することを原則とします。いずれにも該当しない者は少なくとも4週間以上あけて「2回」の予防接種を受け、その記録を勤務、実習前に医療機関に提出することを原則とします。

勤務、実習中は「予防接種、罹患、抗体価」の記録を本人と医療機関で年数に関わらず保管します。

 

注意点

・1歳以上で2回の接種を確認する(生年月日と接種年月日)

・0歳での接種は回数に含めない

・麻疹またはMMRと記載されているワクチンはロット番号で確認する必要がある

・既罹患なら抗体価は高い

・低い抗体価であった場合は罹患は重い間違いでワクチンを接種したのを忘れている可能性が考えられる

 

 

ご参考までにどうぞ。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

【イリタニオフィス】

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療専門 初診受付03-5638-7438 月曜~金曜9:00am~4:30pm (不定休)1日数名限定・完全予約制・全個室。同時並列診療なし。歯周病治療・根管治療・虫歯治療すべて顕微鏡歯科治療、ラバーダム防湿法。

顕微鏡専門歯科衛生士

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM