「新型コロナウイルス 手洗い」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU 

  • 2020.04.02 Thursday
  • 16:34

新型コロナウイルスの感染が世界で増え続けています。各国で様々な対策が取られ、毎日不安を抱えて生活している人がほとんどだと思います。今の私たちにできることは何でしょうか。

 

まずは、ウイルス感染の感染経路を遮断することです。そこで一番大切なことが手洗いです。ウイルスには足が生えていないので、必ず人間によって運ばれます。つまり人間がウイルスを粘膜に運ぶ行動をしない限り感染は起こりません。会社に到着したら手洗い、ご飯を食べる前に手洗い、帰宅したら手洗い、お手洗いに行ったら手洗い、あと汚染されている手で感染の侵入口になるところをさわらない。今回の新型コロナウイルスでは顔を触らない。これが重要です!!

 

 

 

では、医療で医療従事者は何をするべきでしょうか。

 

「月刊 歯科衛生士4月号」で「緊急企画 院内感染の90%は手指が原因 医療従事者の正しい手指衛生」と特集が組まれていました。とても参考になる特集です。

 

しかしウイルス感染が流行っているからではなく、平和な世の中であっても常に医療従事者は感染を防ぐためにあらゆる感染制御をしなくてはなりません。

 

当院で考える医療安全感染制御はこちらです。

患者さん全員が感染してるという認識のもと診療を行います。当院では開業当初からこのコンセプトで診療を行っています。今回は新興感染症が流行しておりまだわからないことが多いので、現在は写真のようなフェーズのPPE(個人防護具)を着用して診療を行っています。感染経路になる部位にキャップ、フェースガード、マスク、ガウンを装着しています。患者さんから医療従事者に感染しない、医療従事者が患者さんに感染させないためのPPEです。

 

病気発生の三大要素は「人」「環境」「病因」です。

 

 

「人」医療従事者→教育(これが一番大切) ワクチン接種、手指衛生、PPE(当院では感染症のフェーズによって段階を3つに分けています) 

 

「環境」医院のファシリティ、個室診療であること、ゾーニング、滅菌管理(1日で何人分の滅菌器材が提供できるか考え、1日で治療できる患者さんの人数が決まり完全予約制が成立します。当院では1日5〜8人のです。)

よく歯科では、感染管理を滅菌管理のことだと思っている方が多くいます。滅菌管理は医療安全感染制御の立たったの一部です。それだけでは感染は防げません。そのほか水質、空気、換気などがあります。

 

「病因」ウイルス・細菌の感染経路

 

 

分類がまだイマイチなところがありますが…。

これらの医療安全感染制御が成立して、医療従事者が患者に医療行為を行うことが許されます。

 

今回のことで医療従事者は医療に対して意識が変わった方が多いと思います。医療従事者と患者さんの感染が防げる医療が提供できるよう日々精進していきましょう。

新型コロナウイルスも長期戦になりそうです。心が不安になると体も病気になりやすくなります。

「いっぱい食べる」「いっぱい寝る」「いっぱい笑う」これが私の考える健康な体づくりの基本です。

そして一人一人が他人への思いやりの気持ちを忘れず行動しましょう ^^

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

【イリタニオフィス】

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療専門 初診受付03-5638-7438 月曜~金曜9:00am~4:30pm (不定休)1日数名限定・完全予約制・全個室。同時並列診療なし。歯周病治療・根管治療・虫歯治療すべて顕微鏡歯科治療、ラバーダム防湿法。

顕微鏡専門歯科衛生士

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM