「新型インフルエンザウイルス感染症」

  • 2020.04.22 Wednesday
  • 17:50

インフルエンザは急激な発熱で発病し、咽頭痛や咳などの呼吸器症状と筋肉痛や倦怠感などの全身症状を呈し、冬季に流行する呼吸器感染症です。潜伏期は通常1〜3日です。ウイルスは感染患者の鼻咽頭より排出され、感染様式は飛沫感染です。手や病院環境を介する接触感染がどの程度寄与しているかは明らかではありません。ウイルスの排出期間は症状が出現する前から発症後7日程度ですが、最も感染力の強い期間は発症初期の3日間です。

ウイルスの感染力は非常に高く、しばしば病院内で大流行が起こります。つまり院内にウイルスを持ち込まれないようにすることが感染対策の基本です。地域での流行状況を把握し流行期には患者の外泊・外出を控え面会者も制限する必要があります。

インフルエンザの最も有効な予防対策はワクチン接種です。特にハイリスク患者および医療従事者には接種が勧められています。また、インフルエンザ患者に曝露した可能性のある患者や医療従事者に対しては、抗インフルエンザ薬を予防投与することによって、発症予防や、発症した場合の症状の軽減と持続時間の短縮が期待できます。その場合の適応は、ハイリスク患者、ワクチン接種禁忌患者、ワクチン接種のタイミングが遅れた者、ワクチン接種による抗体価の上昇が期待できない者などです。

 

ハイリスク接触群

1病院、外来、在宅診療施設に勤務する医師、看護師およびその他の医療従事者

2慢性疾患治療施設に収容する患者、居住者と接触する従業員

3ハイリスク群の患者家族(小児も含めて)

 

新型インフルエンザは鳥や豚などの間で流行している種固有のインフルエンザが、ヒトの間で流行する能力を獲得し、流行し始めたものをいいます。近年では2009年にブタインフルエンザがヒトの間で流行しました。現在ヒトの間で流行しているA香港型も1968年に新型インフルエンザとして初めて流行し、その後ヒト社会に定着したものです。

今後どのような新型インフルエンザが発生するのか予測は困難ですが、その候補として重要視されているのが、高原病性鳥インフルエンザです。A/H5N1の鳥における集団発生はほぼ常に世界中のどこかで起こっており、インドネシアなどでは風土病となりつつあります。そしてA/H5N1に感染した鳥からヒトへの感染は散発的に発生しています。数年間で500人以上の感染報告があります。またその致死率は約50%と高く報告のバイアスを考えても相当高い致死率を持つ疾患であると考えられています。

一方、A/H7N9は2013年に中国で感染者が出現しました。感染者の致死率は36%に達し、A/H5N1と同様に相当高い致死率を持つ疾患えあると考えられます。2013年6月には流行は一旦終息しました。A/H7N9は鳥に対しては低病原性で感染鳥の発見が困難でありmす。

 

今後、新型インフルエンザげの進展の危険性などを考えると患者から医療従事者への感染の可能性は極力排除すべきです。さらにA/H5N1、A/H7N9の感染経路は現時点で不明です。季節性インフルエンザと同様かわかりません。したがって、接触、飛沫、空気感染のすべての可能性を念頭に置いて経路別予防策を実施するのが現実的です。

 

新型コロナウイルスで世界中が未曾有の事態を迎えました。そして今後新型インフルエンザが流行する可能性も考えられます。私たち一人一人が自分や周りの人、医療従事者を守る行動を心がけましょう。

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

【Advanced Care Dental Office】

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療専門 初診受付03-5638-7438 月曜~金曜9:00am~4:30pm (不定休)1日数名限定・完全予約制・全個室。同時並列診療なし。歯周病治療・根管治療・虫歯治療すべて顕微鏡歯科治療、ラバーダム防湿法。

顕微鏡専門歯科衛生士

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM