「感染経路別予防策」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU

  • 2020.05.27 Wednesday
  • 15:33

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染経路は接触感染と飛沫感染といわれていますが、まだ明らかになっていないようです。

季節性インフルエンザの感染経路をご存知ですか。インフルエンザが流行する時期になると手洗いうがいをしっかりして、咳など症状があるときはマスクをしましょう!といわれます。しかし実際調べてみてわかったことは、インフルエンザウイルスの感染経路は接触感染、飛沫感染、空気感染と考えられるが、その割合は明らかになっていないのです。つまり感染経路は未だに明らかになっていないということです。インフルエンザのパンデミックの発生が科学的に証明されているのは1900年ころからです。スペイン風邪が1918年に大流行しました。それから100年以上経った今でも明らかになっていないのです。

とはいえ、インフルエンザウイルスに対してはワクチンと抗インフルエンザ薬があります。感染経路がはっきりしなくてもワクチン接種による抗体の獲得と抗インフルエンザ薬があるので、それなりに対応できていると考えられます。

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染経路も今後明らかにならないかもしれません。感染経路がわからないとなると、ワクチンや薬や集団免疫獲得がない現状では全ての感染経路の可能性を考えて感染予防に努めていかなければなりません。

 

 

近年インターネットの普及により人と人が昔より関わらなくても生きていけるようになりました。そして今回の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)で、人と人が関わらない生活が新しい常識になるのかもしれません。これからを生きる子供たちがどう成長していくのか心配になります。人を成長させ、人を幸せにできるのは、人間だけなのに。すみません。ちょっと話がそれました。

では今回はインフルエンザの伝播経路について調べましたのでご紹介します。

 

インフルエンザの感染経路として考えられているのは、飛沫感染・空気感染・接触感染の3つの経路です。

 

 

飛沫感染は感染者の咳・くしゃみなどによって生じるウイルスを含む飛沫(通常直径5μm以上とされる)が他の人の鼻・目・口などの粘膜に直接到達することによって感染が成立するという経路のことです。この場合の飛沫は1〜2メートルの範囲にしか到達しないとされています。

空気感染は飛沫の水分が蒸発し乾燥し、さらに小さな粒子(5μm未満とされる)である飛沫核となり空気中を漂い離れた場所にいる人がこれを吸い込むことによって感染が成立するという経路です。

接触感染は、感染者と非感染者の直接の接触あるいは中間物を介する間接的な接触により感染する経路です。インフルエンザ感染の場合の接触感染としては、特に汚染された表面(机・ドアノブなど)を手で触れ、その手で自分の鼻・口・目などに触ることによって起こる間接感染が考えられています。

 

インフルエンザの感染経路としては上記の3つの感染経路が考えられますが、3つの感染経路がどの程度の割合で起きているかについてははっきりしたデータはなくさまざまな見方がされています。Brankston先生らはこれまで発表された論文の系統的な検討を行い、インフルエンザ感染の大半は飛沫感染もしくは接触感染で起きており、空気感染はあるとしても重要な感染経路ではないと結論づけています。飛沫感染がインフルエンザの重要な感染経路であるという見方は他の総説でも支持されています。

しかし実際に飛沫感染がインフルエンザ感染経路の大半を占めていることを実証した研究はありません。空気感染の重要性については大きく意見が分かれており空気感染はかなりの程度の割合で起きており新型インフルエンザ対策を考える上でも空気感染対策を念頭に置くべきだとする意見と、空気感染の存在はこれまで十分に実証されておらず空気感染はインフルエンザ感染に重要な役割は果たしていないとする意見があります。

 

接触感染についてもデータは非常に限られていて高齢者施設の流行の際にスタッフの手を介した流行の事例の報告などがあるのみです。接触感染が重要な感染経路であるとする主な根拠とされてきたのはインフルエンザウイルスの環境中での生存に関するデータです。Bean先生らによればインフルエンザウイルスは透過性のない金属・プラスチックなどの表面では24-48時間生存しており、透過性のある布・紙・ティッシュなどでも8-12時間生存しているとしています。それらの表面から手へのウイルスの移行は金属から手には24時間まで起こりえ、ティッシュからでもティッシュの汚染後15分ぐらいまでは手への十分な量のウイルスの移行が起こるとしています。しかし手に移行したウイルスは5分程度しか生存しないことも示されています。これらの結果から手などを介しての接触感染は十分可能であると考えられてきました。しかし手に移行したウイルスの生存時間が短いことなどから手を介しての感染は従来考えられていたよりも低い頻度でしか起きていない可能性も指摘されています。

 

感染していながら症状のない人が感染性を持つかどうかも対策を考える上では非常に重要となります。無症状の人も感染性があるということになれば、症状のある人への隔離や出勤の停止だけでは感染拡大を防げないということになってしまいます。潜伏期間内に感染性があるかどうかということは大きなファクターであるとされています。無症候感染が起こる場合として想定されているのは、感染して症状が出現するまでの時期、すなわち潜伏期間の感染性と、無症候感染、つまり感染しても症状のない人が感染性を持つかどうかということです。

インフルエンザの場合、季節性インフルエンザも新型インフルエンザもある一定の割合で無症候感染が起こると考えられています。発症前の潜伏期間にウイルス排出が見られることは示されていますが、症状のない感染者からもウイルスが排出されていることもわかっています。しかしここでもウイルスの排出があるということが、必ずしも感染性があるということではありません。

実際に潜伏期間に感染が起きていることを示唆するデータは非常に限られています。ウイルス排出は症状の重症度と強く相関するというデータや、無症候感染者ではウイルス排出のレベルが非常に低いとするデータもあり、無症候感染者が感染性を持つとしても症状のある感染者に比べればかなり感染性はそれほど高くないと考えられます。

通常インフルエンザ感染は飛沫感染・空気感染・接触感染いずれの場合にも感染者が咳・くしゃみなどを通してウイルスを周囲にまき散らすことが他の人へ感染を広げる条件となっています。ウイルス排出があるとしても咳・くしゃみなどの症状を持たない状態で無症候性感染が起こる可能性は低いとする意見もあります。
結論としては、明らかに高い感染性を持つと考えられるのは発症初期の有症者です。潜伏期間内や症状が軽快した後、あるいは無症候感染者にもウイルス排出が見られる場合もあるがこのような場合での感染性は発症初期の有症者に比べればはるかに低いと考えられます。ご参考までにどうぞ。

 

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

【イリタニオフィス】

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療専門 初診受付03-5638-7438 月曜~金曜9:00am~4:30pm (不定休)1日数名限定・完全予約制・全個室。同時並列診療なし。歯周病治療・根管治療・虫歯治療すべて顕微鏡歯科治療、ラバーダム防湿法。

顕微鏡専門歯科衛生士

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM