エアロゾルとは。 東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU

  • 2020.07.12 Sunday
  • 14:25

新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染が主な感染経路といわれていますが、これだけでは説明できないのがエアロゾルと呼ばれるウイルスを含むごく小さな水滴からの感染です。換気のできない部屋では3時間以上も空中に浮遊し、感染の原因となるそうです。エアコンでこれが拡散されると普通の飛沫では届かない距離にいる ヒトに感染する可能性があるといわれています。

 

(新型コロナウイルス感染症外来診療ガイドより引用)

 

 

エアコンの送風によりウイルスを含んだエアロゾルが飛散し、感染が広がったと考えられる広東省広州市の事例(CDC Research Letter)です。これは、窓のない密閉されたレストランという環境で空気の循環が起こったためであり、エアコンそのものが問題であったとは結論づけられていません。

また、換気とエアコン使用について、これから真夏を迎える日本においては、熱中症を視野に入れながら新型コロナウイ ルス対策を行っていかなければなりません。エアコンはできるだけ切っておいた方が よいという考え方も示されていますが、夏季を迎えてエアコンの利用を制限することは現実的ではありません。

医療機関の外来は病院、戸建て診療所、ビル内の診療所など構造や間取りの違いもあり、どのような環境でも万全な対策法はありません。次の原則や工夫をもとに、医療機関ごとに各々の環境を考慮に入れながら独自の対策を考える必要があります。

 


1)適切な換気を心がけること。

2)換気に際しては風向きを考慮し空気の出入りの方向を意識する。疑い患者の側がそれ以外の人々の風上にならないように注意する。

3)エアコンを使用する場合には、冷却効率は低下するが、十分な換気を行いながら使用する。

4)疑い患者の待機室などでは、部屋の使用後に十分な換気を行ったのち、再使用を行う。

5)エアコンのフィルターを掃除する際には、グローブやサージカルマスクを装着し取り外したフィルターは洗浄する前に洗剤を含んだ洗浄液に漬けおいてから洗浄を行う。

6)換気ができずエアコンの使用も避けられない環境では、その場で無理をして診療を行うべきか、立ち止まることも大切である。

環境への対策
1)日の当たる窓などブラインドやサンシェードを設ける。
2)玄関やベランダ、テラスなどに打ち水のような散水を定期的に行う。

スタッフへの対策

1)ユニフォームを襟首の無いものや涼しい薄手のものに替えるか、無理に揃えず 涼しいものを各自持参して使ってもらう。

2)保冷剤などをスカーフなどの布に巻き、首や肩にかける。

 

ご参考までにどうぞ。

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

【イリタニオフィス】

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療専門 初診受付03-5638-7438 月曜~金曜9:00am~4:30pm (不定休)1日数名限定・完全予約制・全個室。同時並列診療なし。歯周病治療・根管治療・虫歯治療すべて顕微鏡歯科治療、ラバーダム防湿法。

顕微鏡専門歯科衛生士

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM