病院の空調設備

  • 2020.08.02 Sunday
  • 21:26

空調設備計画の考え方

 

 

空調方式

適正な清浄度・温湿度環境を確保可能な空調方式の選定

 

空調ゾーニング計画

面積の小さな部屋が数多くあり空調負荷の特性も様々であることへの対応

 

院内感染防止計画

陽圧と清浄度の確保→清浄度区分によるゾーニング

 

 

 

病院における空調設備のはたらき

〜冷暖房〜 

温度調節 

•加熱(暖房): 居室に適度に高い温度の空気を供給する 

•冷却(冷房): 居室に適度に低い温度の空気を供給する  

快適環境の維持、各エリアに適した温熱環境の維持、大型医療機器発熱除去、歯科材料の適正温度維持など

 

湿度調節

•加湿: 居室に適度に高い湿度の空気を供給する
•除湿: 居室に適度に低い湿度の空気を供給する(結露対策)

ウイルス抑制、結露真菌抑制、医療機器、滅菌物の適正維持など

 

〜換気〜

空気質調節

•空気浄化: 適切な換気量(換気回数)を確保し、居室の臭気、 塵埃、微生物、放射性物質、有機溶剤、蒸気等を除去する
•外気取入れ: 居室に新鮮空気(外気)を取り入れる (CO2濃度上昇抑制)

空気感染予防、快適環境の維持、スタッフ労働安全衛生確保など気流調節

 

気流調節

•気流方向(室圧)維持: 清浄領域から汚染領域へ空気を流す。(ウイルス・臭気・放射性物質の封じ込め)

空気感染予防、交差感染予防

 

 

病院の空調設備設計ガイドライン

湿温度条件 病室では 夏期:26°C、50%RH 冬期:23°C、50%RHが基準となる

 

室圧管理を行う場合の代表的な管理目標値 

手術室 +2.5Pa 陽圧

防御環境 +2.5〜8.0Pa 陽圧

空気感染隔離 −2.5Pa  陰圧

 

病院空調の換気回数

換気回数とは対象室(ゾーン)の空気を1時間当たりに「何回」入替えることが出来るかを表します。 100÷20=5回(/h) 事務所ビルの空調では「5~6回」が一般的ですが、温湿度条件・清浄度が厳しく求められる半導体クリーンルームなどでは「30~50回」必要です。

 

陽圧とは、給気量100>排気量80  外向きの気流方向 漏れ風量20

陰圧とは、排気量100>給気量80  内向きの気流方向 流入風量20

 

ご参考までにどうぞ。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

【イリタニオフィス】

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療専門 初診受付03-5638-7438 月曜~金曜9:00am~4:30pm (不定休)1日数名限定・完全予約制・全個室。同時並列診療なし。歯周病治療・根管治療・虫歯治療すべて顕微鏡歯科治療、ラバーダム防湿法。

顕微鏡専門歯科衛生士

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM