「消毒薬の歴史について」 東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU

  • 2020.09.13 Sunday
  • 15:15

「手指衛生」「環境の消毒」「器具の消毒」に消毒薬は欠かせません。

 

 

1774年カール・ヴィルヘルム・シェーレ先生によって塩素が発見されました。塩素をクロール石灰として消毒に使用したのが消毒薬の始まりです。1820年〜1850年代に感染創の消毒や、手指、器具の消毒に使用されていました。

 

クロール石灰(次亜塩素酸カルシウム)とは「さらし粉」のことです。

さらし粉とは漂白粉、カルキともいいます。 次亜塩素酸カルシウムを有効成分とする白色粉末でアルコールや水によく溶けます。 塩素に似た刺激臭を放ち、強い酸化漂白作用をもちます。 一般に漂白剤、殺菌剤として用いられます。

 

1860年代には「石炭酸」が消毒に使用されるようになりました。石炭酸は「フェノール」のことです。

1870年代には手指消毒に「昇汞水(ショウコウスイ)」が使用されるようになりました。昇汞は塩化第二水銀で強い毒性があります。現在では工業用の染色剤に使用され毒物指定されており、手指消毒にも使用されていません。

 

1851年にWatt C先生が次亜塩素酸ナトリウムを合成しました。

1878年にSterberg GM先生が塩化化合物の消毒効果を発見しました。米国公衆衛生協会は1886年に次亜塩素酸ナトリウムを殺菌剤として認定しています。

1890年代になると合成技術の進歩によって新しい消毒薬が合成されます。

1908年にはEin- horn & Gottler先生らによって第四級アンモニウム塩の合成。Harries先生がグルタラールアルデヒドを合成しました。

1918年にはYoung HH先生がメルブロン(マーキュロクロム)の殺菌作用を見出しました。これは有機水銀ニナトリウム塩化合物で日本では「赤チン」として使用されていました。しかし製造工程で水銀が発生するため国内では製造が中止されています。

 

1953年にGoldschmidt 社が両性界面活性剤を開発しました。

1954年にはDavies GE先生がクロルヘキシジンを開発しました。

1956年にはShelanski HA先生がポピドンヨードを開発しました。

1963年にはStonehill先生がグルタラールアルデヒドの殺菌効果を見出しました。

1977年にはGrosse-Boewing W先生が過酢酸の開発をしました。

1994年にはGordon MD 先生がフタラールを開発しました。

 

手指衛生と消毒薬

1876年にロベルト・コッホ先生が細菌を発見するまでは、感染の原因が微生物だということは誰も知りませんでした。

1841年にセンメルヴェイス・イグナーツ先生はクロール石灰で手指の消毒を行えば、感染は防止できることを経験的に見出しました。当時は産褥熱による死亡率が高く、医師がお産を介助する第一産科病棟と助産師がお産を介助する第二産科病棟では産褥熱による死亡数が倍以上違いました。第一産科病棟の医師たちは死亡した患者の解剖を終えてそのまま手を洗わず出産を控えた妊婦の検査をしていました。このことより、センメルヴェイス・イグナーツ先生はおそらく、死体についている何か悪いものが医師たちの手で運ばれていると考えました。産科の処置前にクロール石灰による手洗いを推奨しました。すると死亡率が12.3% から3.4%に低下したといわれています。しかし当時の医学会には受け入れられませんでした。

1860年代になると石炭酸が手洗い、創部の処置に使用されるようになりました。手術時に石炭酸を浸した包帯で密封することによって、敗血症が激減したそうです。石炭酸と同じ時期に昇汞が使用されましたが頻回に使用することで皮膚に障害が発生しました。

1900年代には新しいの登場により術前手洗いにスクラブ法が取り入れられました。外来や病棟ではベースンによる手洗いが一般的となりましたが、ベースン法は消毒薬の調整後に多くのスタッフが使用するため衛生的な面から使用されなくなりました。そして消毒薬と流水による手洗いと変化していきました。その後アルコールベースの手指消毒薬が登場しました。

 

 

環境消毒と消毒薬

1871年にジョゼフ・リスター先生が創部の感染には空中に存在する微生物が原因であると仮定し、石炭酸噴霧装置を考案し環境消毒を行いました。しかしこの効果は顕著ではありませんでした。現在も消毒薬の噴霧は否定されています。

国内では1980〜1990年代に環境消毒にグルタラールを使用していました。当時の成書にも、清潔区域は週末にグルタラールによる清掃消毒が有効、モップの消毒にもグルタラールが有効であると記載されています。しかしグルタラールは粘膜刺激作用があるため、2003年のCDCのガイドラインに環境に使用しないことが記載されています。さらに、一般病棟の消毒も不要とし、血液や体液で汚染された場合は塩素系消毒薬の使用を推奨しています。

粘着マットや消毒薬含有マットは床に付着した微生物が感染に関与するエビデンスがないことから否定されています。現在は頻回に接触する環境は接触感染を防止するために、消毒薬の使用が推奨されています。

 

 

器具消毒と消毒薬

センメルヴェイス・イグナーツ先生はクロール石灰で器具の消毒も行いました。ジョゼフ・リスター先生は石炭酸で器具を消毒し感染防止に努めました。消毒薬の他に検討されたのが加熱消毒です。1891年に「シュンメルブッシュ煮沸消毒器」が考案されました。その後世界中で使用されます。国内でも1950年代にはガラス製注射筒や注射針の再使用が繰り返し行われていました。その後、高圧蒸気滅菌器たEOGの登場によって滅菌法が確立されていきます。そして、消毒と滅菌が分けて考えられるようになり、最近ではスポルディングの分類が推奨されています。

 

ご参考までにどうぞ。

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

【イリタニオフィス】

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療専門 初診受付03-5638-7438 月曜~金曜9:00am~4:30pm (不定休)1日数名限定・完全予約制・全個室。同時並列診療なし。歯周病治療・根管治療・虫歯治療すべて顕微鏡歯科治療、ラバーダム防湿法。

顕微鏡専門歯科衛生士

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM