「低水準消毒薬 陽イオン界面活性剤 両性界面活性剤」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU

  • 2020.09.20 Sunday
  • 11:14

消毒薬は病原微生物の数を減らして病気の伝播や感染をなくすことが目的です。殺滅可能な微生物によって、消毒薬を高水準消毒薬、中水準消毒薬、低水準消毒薬の3つに分類することができます。芽胞、結核菌、ウイルス、真菌、一般細菌の順に消毒薬への抵抗性は減弱します。

 

低水準消毒薬とはほとんどの細菌、ウイルスに有効な消毒薬ですが結核菌や芽胞には無効です。人体にも使用することが可能で為害作用が少ないので安全性は高く有効です。

 

界面活性剤

液体の表面張力を著しく低下させる物質を界面活性剤といいます。水に解けたときの本体の電荷によって、陰イオン、陽イオン、両性、非イオンの4種類に分類されます。普通石鹸および一般に合成洗剤と呼ばれているものは、陰イオン界面活性剤に属していて、洗浄力は強いが殺菌作用はほとんど期待できません。非イオン界面活性剤は洗浄力は強いが殺菌作用はほとんどなく、陽イオン界面活性剤や両面活性剤に配合されて市販されています。

 

日本石鹸洗剤工業会 より引用

 

陽イオン界面活性剤 逆性石けん(主に第四級アンモニウム)

 

タンパク質の変性、必須酵素系の阻害により殺菌作用を示します。

殺菌作用はグラム陽性菌に対しては強く、グラム陰性菌に対してはやや劣ります。芽胞やウイルスには無効です。生体組織に対する障害性は少なく、金属腐食性もほとんどないので手指や、器具の消毒に広く使用されています。

 

ベンザルコニウム塩化物(オスバン® セプトール®)

 

手指皮膚の消毒に0.05〜0.1%溶液を用い、

手術部位の手指消毒には0.1%溶液で5分間洗い、その後 0.2%溶液を塗布します。

創傷部位の皮膚粘膜には0.01〜0,025%溶液を用います。

医療器具の消毒には0.1%溶液に10分間浸漬します。

手術室、病室、家具、器具、物品などの消毒には0.05〜0.2%溶液を使用します。

本品は不快な臭気がなく無職で衣類を汚染しません。室温で長期安定です。

喀痰や排泄物の消毒には不適で、普通石けんやクレゾールや有機物(血液、唾液、膿など)の共存は効力を減退させます。

 

ベンゼトニウム塩化物(ハイアミン®)

 

特徴、抗微生物スペクトル、作用機序、など全てベンザルコニウム塩化物と同様ですが、膣洗浄や結膜嚢への適用濃度は特定されています。

 

 

 

両性界面活性剤

塩酸アルキルジアミノエチルグリシン(テゴー51®)

殺菌力は強く、グラム陽性、陰性の細菌に対して有効であり、0.1〜0.2%溶液は10〜20分間で結核菌もほとんど殺滅します。しかし、芽胞やウイルスには無効です。

長期の使用により肌荒れを起こすことがあり、手指消毒には注意して使用します。

歯科では、根管治療用リーマー、ファイル保存溶液としてテゴー51が使用されています。

 

ご参考までにどうぞ。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

【イリタニオフィス】

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療専門 初診受付03-5638-7438 月曜~金曜9:00am~4:30pm (不定休)1日数名限定・完全予約制・全個室。同時並列診療なし。歯周病治療・根管治療・虫歯治療すべて顕微鏡歯科治療、ラバーダム防湿法。

顕微鏡専門歯科衛生士

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM