「B型肝炎ウイルスとは」

  • 2018.07.25 Wednesday
  • 18:07

肝臓は横隔膜直下の右腹部に位置する臓器で重量は1000〜1300gあります。

肝臓はタンパク質を作り出す工場、栄養分を貯蔵する倉庫(血糖値の維持)、不要な老廃物(胆汁と排泄)、有害物の解毒など様々な役割を担う重要な臓器のひとつです。

 

 

肝炎ウイルスは、発見された順にA型B型C型D型E型に分類されています。

A型E型は経口感染、B型C型は血液感染により伝播します。

 

 

HBVの疫学

世界では人口の約6%(約3億5千万人)、日本では人口の1%(約100万人)がHBVキャリアといわれています。

HBV既感染は世界で人口の30%(約20億人)、日本では人口の20%(約2600万人)とされています。

また、世界でのHBV関連の死亡者は年間50万人であり死因の第7位です。

日本では、1986年に母子感染防止事業が開始され、出生児に免疫グロブリンを投与を開始。現在32歳以下の出生児でのHBVキャリアは0.05%と減少しています。また、2016年10月からB型肝炎ユニバーサルワクチンが導入されました。

2015年のHBVキャリアは81万人ですが、ユニバーサルワクチンが導入されたことにより、2030年には58万人に減少すると予測されています。

 

HBVの感染経路

感染経路は出産時(母子感染)、性交渉です。血液感染ですので皮膚や粘膜の傷が侵入経路となります。母子感染の場合は、そのままHBVキャリアとなり、成人後の感染の場合は急性肝炎になってからHBV既感染となります。

 

HBVキャリアの自然経過

出生時は免疫寛容期無症候キャリア→10代後半から慢性肝炎(肝硬変、肝癌)→30歳前後から非活動性キャリアとなります。

 

B型急性肝炎

95%が性交渉での感染です。潜伏期は4週間。遺伝子型はA、B、Cとあり日本では遺伝子型Cが多く全体の約85%を占めています。しかし近年遺伝子型Aが増えています。遺伝子型Aでは約10%が急性肝炎後キャリアとなります。

 

肝臓の線維化が進行し肝硬変になると、血小板数が10万以下になり、発癌率は5〜7%となります。

 

B型急性肝炎の治療目標

HBVは一度体に入ると排除できません。

肝炎の沈静化、肝硬変進展の抑制、肝癌発生の予防のためにHBVウイルス量を少なく抑える必要があります。その方法として核酸アナログ、インターフェロン、ステロイドがあります。

 

ご参考までにどうぞ ^^

「聖路加国際病院 肝炎ウイルスの最近の動向」

  • 2018.07.24 Tuesday
  • 17:57
本日は診療終了後に聖路加国際病院にセミナー受講に来ています。

本日は「肝炎ウイルスの最近の動向」です。

「脳科学の基礎3」スライド 東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU

  • 2018.07.21 Saturday
  • 22:06

スクリーンショット 2018-07-21 22.02.09.pngスクリーンショット 2018-07-21 22.02.20.pngスクリーンショット 2018-07-21 22.02.33.pngスクリーンショット 2018-07-21 22.02.42.pngスクリーンショット 2018-07-21 22.02.53.pngスクリーンショット 2018-07-21 22.03.03.pngスクリーンショット 2018-07-21 22.03.16.pngスクリーンショット 2018-07-21 22.03.26.pngスクリーンショット 2018-07-21 22.03.38.pngスクリーンショット 2018-07-21 22.03.50.pngスクリーンショット 2018-07-21 22.04.02.png

「歯科衛生士総合研修センター シュミレーション研修」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU

  • 2018.07.19 Thursday
  • 10:43

今日も朝から本当に暑いですね…。玄関の掃除をしていたら、サウナに入ったときのような大量の汗が吹き出してきました、そして全然止まらない…。
熱中症には十分に注意して下さいね!

さて、本日は東京医科歯科大学の歯科衛生士総合研修センターにてシュミレーション実習を行います。

実際に高齢者のシムロイドを使用するそうでとても楽しみです。頑張ります(^^)


〜実習のご報告〜
本日はシムロイドを使用してプロービングの練習を行いました。「お口を開けて下さい」「お顔を少し右に傾けて下さい」などの呼びかけに反応してシムロイドが動きます。なのでマネキンよりも緊張感がでます。また、施術の録画映像を見て、自分の呼びかけやポジショニングなどの良いところ、悪いところのチェックをすることができました。

その後スキルスラボにて、マネキンを使ったプロービングの練習、人口歯石のスケーリング練習を行いました。

今日に練習がまた明日からの診療に活かせるよう頑張ります(^^)

「全身管理の基礎 バイタルサイン」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU

  • 2018.07.11 Wednesday
  • 20:19

バイタルサインとは、生命徴候ともよばれ、一般的には体温、脈拍、血圧、呼吸にことを指します。

これに加えて、意識、尿量、SpO2をバイタルサインに加えることもあります。

 

〜バイタルサインの基準値 成人〜

血圧 収縮期<130  拡張期<85 (mmHg)

呼吸数 12〜20(回/分)

脈拍数 60〜90(回/分) ※脈拍の基準値は年齢によって変化します。

体温 36.0〜37.0(℃)

 

〜血圧とは〜

血圧とは心臓から送り出された血液が血管壁に及ぼす圧力のことです。単に血圧というときには動脈内の圧力のことを指します。通常バイタルサインとして測定されるのは、上腕動脈の血圧です。血圧測定には聴診法と触診法があります。

 

 

〜血圧測定聴診法〜

1 必要物品を準備して動作を確認

2 患者さんに血圧測定を行う目的、方法を説明し、承諾を得る

3 体位を整える(可能であれば5〜10分安静にする)

4 腕を露出してもらう(上腕動脈の位置を走行を触診で確認する)

5 マンシェットを巻く(ゴム嚢中央を上腕動脈に当てて、マンシェットの下縁が肘窩の2〜3cm程度になるように。マンシェットは指が2本入るくらいの強さで、巻く)

6 腕の高さを調整する(心臓の高さと合わせる)

7 聴診器を当てる(聴診器のチェストピースを上腕動脈の拍動が得られる部位に当てる)

8 加圧する(平常時の収縮期血圧より20mmHgほど高い値まで加圧する)

9 徐々に空気を抜きながら減圧してコロトコフ音を聴取する(コロトコフ音が聞こえた目盛りを収縮期血圧、コロトコフ音が消えた目盛りを拡張期血圧として読み取る)

10 計測が終了したら空気を抜いてマンシェットを外す

11 患者さんに測定が終了したことを伝え、測定結果を説明する

 

当院では診療の前に必ず血圧、脈拍を測定しています。

ご参考までにどうぞ ^^

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

【Advanced Care Dental Office】

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療専門 初診受付03-5638-7438 月曜~金曜9:00am~4:30pm (不定休)1日数名限定・完全予約制・全個室。同時並列診療なし。歯周病治療・根管治療・虫歯治療すべて顕微鏡歯科治療、ラバーダム防湿法。

顕微鏡専門歯科衛生士

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM